つけペン

【まずはコレ!】カリグラフィー初心者のための、コスパ最強&おすすめアイテム4選【つけペン編】

tillata(ちらた)です。

プチ休筆が終わり、2~3か月ぶりにカリグラフィーを書き始めました。

新型コロナウイルスによる外出の自粛、休業の関係で家にいる時間が増えたよって方は多いのではないでしょうか。

筆ペンやカリグラフィー万年筆のおかげで手軽にカリグラフィーを始められる今日この頃。

きっと、つけペンでのカリグラフィーに挑戦してみようかななんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

できるだけ安く道具をそろえたいという方も少なくないはず……!

そこで今回は、つけペンでのカリグラフィーに限定し、

安い

書きやすい

きれいに書ける

を基本に、わたしのおすすめをまとめてみました。

もちろん、

・カリグラフィーを始めてみたいんだけど、
道具は何を揃えればよいのかわからない

・何がおすすめ?

・どれを買えばよいの?

という方向けでもあります。

自分がいろいろ試してみてコレ! というのを厳選しております。

長く続く巣ごもり生活の、少しでも楽しくなる支えになれば幸いです。

ペン先:スピードボールC-2(税込み484円)

まずはコレ!

スピードボールC-2

というペン先。

・アメリカのスピードボール社のつけペン

・C-2は品番(3mm幅)

・初心者からプロまで愛用者が多い

・書きやすい

・安い

という、うれしい特徴があります。

安くて書きやすくてプロまで使っているとなると、買うしかないですよね。

▲裏側

インクがポタっと落ちないよう、インク止めがあります。

これがあるのとないのとでは大違いなので、インク止めがあるスピードボールはネ申です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スピードボールC2
価格:484円(税込、送料別) (2020/11/11時点)


ペン軸:スピードボール ストレートホルダー(税込み330円)

スピードボールC-2

続きまして軸の話。

上の黒いのがペン軸のストレートホルダー(スピードボール社製)です。

先ほどのペン先と比べるとこのような感じになります。

▲軸につけたところ。

▲上から見た状態。

カリグラフィーのペンという感じがします。

つけペンと同じスピードボール社製がお気に入り。

素材はプラスチック製。
だから安いのです。

▲実際に書いてみた写真。(細い線はGペン部分)

このくらいの幅でこんな文字が書けるというご参考に。

とにかく本当に書きやすいのでよ。

実際に描く様子は▲で見られます。(※音声注意)

▲参考にAmazonのリンク。

世界堂など、リアル画材店ならばら売りしているお店もあります。
東急ハンズ新宿店・池袋店などはこのセット販売あり。

【バラ売り】楽天カリグラフィーショップ
スピードボールC-2(484円)

スピードボール ストレートホルダー(ペン軸)(330円)

インク:パイロット ブルーブラック(税込み440円)

▲安くて綺麗という意味で超絶おすすめ

絶大的におすすめするのが万年筆のインクです。

文房具店の万年筆コーナーにあります。

なぜ万年筆インクをお勧めするかといいますと、

インクの濃淡が綺麗
⇒書く時のテンションが上がる

水性
⇒使い終わった後のペン先を洗いやすい

色数が豊富
⇒好きな色で書けば書く時のテンションが上がる

正直いうと万年筆インクっていうのは一部を除いて大変高価です。

2000円~とか普通です。

でも安いのもあるのです。

ここでは、一番安いインクをご紹介。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パイロット ボトルインキ 30ml ブルーブラック
価格:440円(税込、送料別) (2020/11/11時点)


▲パイロット:ブルーブラック

安い万年筆インクの1例として、挙げておきます。

こんな色。

一番オーソドックスな普通なインクなんですけど、書いてみればとても美しいのです。

濃淡もとても美しい。

ちょっと試しに書いてみたい方にも、ピッタリなインクです。

紙:ダイソー高級筆記用紙(税込み110円)

▲大きさはいろいろあり

紙も重要なんですよね。

インクが滲むと書く気無くすので、楽しく書くためにも良い紙が必須

で、その良い紙というのが100均のダイソーにあるのです。

・インクがにじまない

・裏写りしない

・インクの濃淡がきれいに出る

という、コスパ最強な特徴があります。

▲B6の紙で書いたもの。

ダイソーとは思えない質の良い紙です。

▲赤いインクで書くとこんな感じ。

とにかくおすすめです。

【100均】ダイソーで買えるカリグラフィー用品【ペンと紙】ダイソーで買えるカリグラフィー用品のご紹介&実際にカリグラフィーを書いてみました。...

まとめ

ということで、おすすめ4選でした。

おさらいしますね。

・ペン先:スピードボールC-2(484円)

・ペン軸:スピードボール ストレートホルダー(330円)

・インク:パイロット ブルーブラック(440円)

・紙:ダイソー高級筆記用紙(110円)

合計:1364円(税込み)

です。

道具というのは非常に大切です。

ひとつでも違えばやる気がなくなりますしね。

カリグラフィーはたくさん練習をしないとうまくなりません。

上手くなるためには練習が必須。

練習を続けるためには楽しくやらないといけませんものね。

それを支えてくれるのがペン先とインクとペンであり、重要な柱です。

まずは良い道具をそろえてみることから、是非始めてみてください。

それでは楽しいカリグラフィーライフを~。

さあ、カリグラフィーを始めよう【イタリック体/ゴシック体編】カリグラフィーの始め方。必要な道具(ペン、紙、インク)に付いて詳しく解説しています ...
【ペン軸】手持ちのストレートホルダーと軸の選び方カリグラフィーのペン軸(ペンホルダー)の選び方と、手持ちの軸の紹介です。...
【初心者ならコレ!】誰でも上手く書ける、カリグラフィーのペン先2選【おすすめペン先】 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日はカリグラフィーの、おすすめのペン先をご紹介したいと思います。 ・これからカリグラ...
【初めての方向け】カリグラフィーのおすすめ本5選【書体を学ぶ】おすすめのカリグラフィー本のご紹介です。...
【初めての方向け】おすすめカリグラフィー本5選【著:小田原真喜子】 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は初めての方向けに、わたしがおすすめするカリグラフィー本をご紹介します。ここ最近では、S...
【リンク集】カリグラフィー : 無料ダウンロードのテンプレート【練習用】カリグラフィーの練習に使える無料テンプレートのリンク集です。...
【Gペン&インク】Gペンとは? 使い方は? 書けないときは? Q&A【つけペン】Gペンの使い方、洗い方、インク、買えるお店のことなどいろいろと書きました。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事