ペン先レビュー

【初心者ならコレ!】誰でも上手く書ける、カリグラフィーのペン先2選【おすすめペン先】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

今日はカリグラフィーの、おすすめのペン先をご紹介したいと思います。

・これからカリグラフィーを始めようと思うけれど、何を選んでいいのかわからない

・カリグラフィーを練習し始めたけれど、おすすめのペン先はあるの?

・何が一番いいの?

と思ったことはありませんか?

これからこの記事でご紹介するペン先は、全てわたしが実際に使ってみて、「最高!」と思ったペン先です。
もちろん、カリグラフィーが初めての方でも安心してお使いいただけます。

練習用としても、本番用としても活用できる。1本でとてもお得なペン先。

わたしは独学でカリグラフィーを練習しておりますが、練習時も作品作りでも同じペン先を愛用しております。約3年付き合ってみての感想も含め、魅力をたっぷりお伝えしていきます。

それでは本編をどうぞ~。

【おすすめ】イタリック体・ゴシック体のつけペン

スピードボールC-2

推しはズバリこれ1択。
スピードボールC-2です。

ペン先にC-2の刻印。

カリグラフィーを知っている方なら誰もが一度は見たことがあるであろう、有名なペン先です。

スピードボールC-2とは?

スピードボール社の、3mm幅のつけペンです 。

スピードボール……アメリカのスピードボール社のこと

C-2……品番。ペン先の幅は3mm

会社名と品番ですね。

売られているパッケージ

▲手元に使いかけしかなかったため、お見せできる部分が少なくて申し訳ありません。

左側の赤いパッケージには、カッパープレート体用のつけペン「ハント101」と「512」のつけペンが入っております)

上の写真のような、軸とペン先のセットもあれば、ばら売り、2種セット売りもあり。

「つけペンを差し込む軸がまだないよ」という方は、軸とペン先のセットがオススメ。

スピードボール専用の軸ですので、ペン先と軸の相性がとってもよいのです。

もし軸がないよって方は、文房具売り場のコミックコーナーでよく見かける、Gペン用の軸でも入ります。

ペンホルダー(ペン軸)とペン先は各社共通なので、会社が違っていても大丈夫。

日本製×海外製でもちゃんとフィットします。

ただまれに、オブリークホルダーになると軸に合わないペン先が出てきます。

▲参考として載せておきます。
セットはこちらと同じものです。

実店舗ですと、新宿の東急ハンズで見かけたことがあります。画材コーナーにありました。今もあるのかな?

【おすすめ】カリグラフィー用品が買えるお店【東京】 tillata(ちらた)です。2月9日(日曜日)に東京ビッグサイトでコミティアがあります。(コミティアとは、オリジナル限定の同人誌即売...

▲2本セットですとこちらですね。

「C-2(3mm幅)」と「C-3(2mm幅)」のセットです。
「C-3」は2番目によく使う(よく教本に載っております)ので、買っておいて損はありません。

それでですね、中身のある方のセット、見やすいように拡大してみますね。

▲左上に「C-2」があります。
これが3ミリ幅のペン先。

数字が大きくなっていくにつれ、ペン先の幅は小さくなっていきます。

C-0……5mm
C-1……4mm
C-2……3mm
C-3……2mm
C-4……1.5mm
C-5……1mm
「C-0」が一番太く、「C-5」が一番細いです。

なお、左利き用もあります。

スピードボールC-2:作品例その1

▲「スピードボールC-2」で実際に書いてみたもの。

「令和」って万年筆のインクで書きました。
これが3ミリ幅です。

こんな感じで書けますよーというまずは1例です。

スピードボールC-2をおすすめする理由

わかりやすくまとめてみます。

本当におすすめなので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

おすすめする理由

・とくにかく使いやすい。

・書きやすい

・なめらかに書ける

・とにかく書きやすい

・万年筆インクに最適(とてもよく書けます)

・シャープな線が書ける

・弾力があり、カーブのあるイタリック体も書きやすい

・手に入りやすい(広く普及している)。

・安価

・新しいペン先は、開封後すぐに使える。すぐにインクで書ける。
(新しいつけペンを火で炙ったり、アルコールで拭く、石鹸で洗うなどの行為は必要なし)
↑そのまま使ってもインクは弾かれません。

またその他の理由として、練習しやすいんですよね。

とにかく、初めての方向けに環境が整っているペン先なのです。

・カリグラフィーの本で、このペン先がたくさん紹介されている

・カリグラフィー本で、C-2を使った練習例&作品例が多い。

・本や通信教育の教材にある練習用ガイドラインが、このペン先で作成されている。

のです。

本と紙とこのペン先さえ揃えれば、すぐに練習できるのですよ。

例えば、小田原真喜子先生の「はじめてのカリグラフィー」や「すてきなカリグラフィー」「記念日のカリグラフィー」など、多くの著書でこのペン先が扱われているのです。

フェリシモの教材や、ユーキャンの資格講座などもスピードボールC-2が基本です。

小田原先生も使われているスピードボールC-2。実際本を見ると、スピードボールC-2で書かれた作品の多いこと。練習だけでなくプロの作品にも使われているんですよね。

どれもこれも美しい文字ばかりで、その文字が書けるペン先。
プロが使われているのと同じペン先で自分も練習できる。作品が書ける。

わたしが初めてスピードボールC-2を手に入れたときは、本当に嬉しかったです。
これがあれば同じ文字が書ける! と。

SNSでよく見かけるワークショップの写真を見ても、スピードボールC-2が良く使われています。

それだけ信頼のあるペン先なのでしょう。

実際自分が同人誌でカリグラフィー本を出す際も、スピードボールC-2には大変お世話になりました。

スピードボールC-2:作品例その2

▲わたしの同人誌の表紙。

丸くカリグラフィーで書いている「cafe calligraphy」の文字は、スピードボールC-2のペン先で描き、装飾の葉っぱもスピードボールC-2です。

▲インク見本づくりにも活用中

新しいインクをお迎えするたびに、インク名をカリグラフィーで書いております。
本当に書きやすいペン先です。

イタリック体の作品例

▲イタリック体「apple(りんご)」

葉っぱの装飾もスピードボールC-2で書きました。

こんな感じで、イタリック体「a」のカーブの部分も細くしっかり描け、ほかの部分のカーブもきちんと書けます。

万年筆インクで書くと1色で書くだけで濃い薄いの濃淡が自然と生まれてしまうんですよ。

短所

最後に、気を付けることも書き記しておきます。

・文字を書いた後はペン先を洗います。
洗ったら水分を良く乾かします。
乾かさないと錆びる可能性が

・差し込み部分が錆びやすい
(水に濡れたままにしておくと錆びます。
錆びたら軸から抜けなくなり、交換ができなくなるので注意)

・エッジ(ペン先の角)で線が書けない

消耗品(※すべてのペン先は消耗品です)
かすれが出てきたり書きにくくなったら交換が必要

要するに、交換が必要なのと、お手入れはしっかりしましょう(よく洗う・しっかり乾燥する)ということです。

イタリック体・ゴシック体向けは以上です。

他にブラウゼやミッチェルもありますが、初めての方にはズバリこれ! が、スピードボールC-2でした。

【おすすめ】カッパープレート体のつけペン

国産Gペン

続いてカッパープレート体用のつけペン。

わたしは「Gペン」をおすすめします。

Gペンとは、コミック・マンガ用のつけペンのこと。
文房具売り場のコミック用品コーナーによく並べられています。

ですが、カリグラフィー用としても最適なのですよ。

・細い線&太い線が1本で書ける

・安価で地方でも手に入りやすい

・紙に引っかかりにくい

というのが理由です。

一般的にはスピードボール社の「ハント101」のつけペンがよく紹介されておりますが、わたし個人としては、Gペンを推します!

Gペンは主に3種類

▲Gペンには普通の種類で3種類あります。
(ほかにハードタイプがあります)

写真左から、

ゼブラGペン(ゼブラ株式会社)

ニッコウGペン(株式会社 立川ピン製作所)
 やや柔らかめ

タチカワGペン(株式会社 立川ピン製作所)
 ニッコウより硬め

です。

▲上から、タチカワ、ニッコウ、ゼブラ(軸は自分の好きなものを使います)

使い分けのポイントは、使う方の筆圧かなと思います。
硬さに違いがありますので、個人の好みで選びます。
(わたしはゼブラを良く使います。タチカワ、ニッコウも書きやすいです)

軸は上の写真のように、まっすぐなストレート軸でも良いですし、カッパープレート体用の軸ならさらに良いです。

【Gペン】ゼブラ、タチカワ、ニッコウ 書き比べ【カリグラフィー】 tillata(ちらた)です。2月9日は、漫画家 手塚治虫先生の命日だそうです。それにちなみ、漫画の日になりました。ということで本日は...

Gペンの書き比べ

▲ストレートホルダーで書いた、3種書き比べです。
紙はダイソーのレポートパッド(5mm方眼)。

それほど大差はないような感じです。
気持ち、タチカワに書きやすさがあるかもとちょっと思いました。

▲オブリークホルダーで書いたGペン書き比べ

そんなに大差なく書けます。

どれも書きやすいので、全部がオススメ。

▲これはスペルミスしたミルフィール。

ゼブラGペン。

注意点

最後に、Gペンも短所をまとめておきます。

・使い終わったらインクを洗い流します。

・水に濡れたままだと錆びます(洗った後は水分をよく拭く)

消耗品なので交換が必要

・書いている時、紙にペン先が引っかかるなと思ったら替え時
(交換するとなめらかに書くことができます)

オブリークホルダー

▲カッパープレート体用の軸=オブリークホルダー

軸の横に金属がついて、そこにつけペンを差し込むタイプのものです。
Gペンには、このタイプのホルダーが合うのですよ。
(スピードボールのオブリークホルダーにも入りますが、このタイプのが最適です)

オブリークホルダーはたくさんの種類がネットで売られておりますので、自分の好みでいろいろ探してみてください。

【ネット通販】カリグラフィー用品が買える、おすすめネットショップ4選 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、カリグラフィー用品を扱うおすすめネットショップをご紹介します。 ・どういうお店...
【おすすめ】カリグラフィー用品が買えるお店【東京】 tillata(ちらた)です。2月9日(日曜日)に東京ビッグサイトでコミティアがあります。(コミティアとは、オリジナル限定の同人誌即売...

まとめ

以上、初めての方におすすめなペン先でした!

それではおさらいです。

イタリック体・ゴシック体⇒スピードボールC-2

カッパープレート体⇒Gペン(ブランドは何でも良い)

です。

もちろん、ミッチェル、ブラウゼ、その他いろいろのペン先を試した上で、自分のお気に入りを見つけてみるのも良いです。

わたしは実際いろいろ試した結果、行きついたのがこのペン先でした。

それではみなさま、楽しいカリグラフィーライフを!

【Gペン】ゼブラ、タチカワ、ニッコウ 書き比べ【カリグラフィー】 tillata(ちらた)です。2月9日は、漫画家 手塚治虫先生の命日だそうです。それにちなみ、漫画の日になりました。ということで本日は...
さあ、カリグラフィーを始めよう【イタリック体/ゴシック体編】カリグラフィーの始め方。必要な道具(ペン、紙、インク)に付いて詳しく解説しています ...
【まずはコレ!】カリグラフィー初心者のための、コスパ最強&おすすめアイテム4選【つけペン編】つけペンでのカリグラフィーで、安い&書きやすい&きれいに書けるおすすめアイテムをご紹介しています。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。