インク沼

【インク沼とは?】万年筆インクの魅力&インク沼にハマるわけ

こんにちは。tillata(ちらた)です。

突然ですが皆さんは、「インク沼」という言葉をご存じでしょうか?

最近文房具系の番組でちょいちょい見かけたり、TwitterやInstagramなどのSNSでもよく見かけます。

インスタでハッシュタグ検索をすると、7.6万件も出てきますから、その人気をうかがえます。

「マツコの知らない世界」ではインク沼の世界も紹介されました。

この記事では、

  1. インク沼って何?
  2. 万年筆インクの魅力とハマるわけ
  3. インク沼の長所と短所

について、わたしの実体験を踏まえ書いていこうと思います。

tillata
tillata
インク沼にハマってしまったこのわたしがご説明しますよー

それではどうぞ~。

マツコの知らない世界 万年筆インクの世界 感想マツコの知らない世界「万年筆インクの世界」の感想です。...

インク沼とは?

一言でいうと、

インク沼とは、

万年筆インクにハマってしまうこと

です。

なのでなかなか抜け出せないんですよね。

●インク
万年筆インクのこと。
それ以外にも、ガラスペン専用インクなども含まれます。


ハマるという意味での沼
好きなものにどっぷりハマってしまい、なかなか抜け出せない状態

ようするに、

  1. 次から次へとインクを買ってしまう。
  2. すでにたくさん持っているのにまだ足りない
  3. あれもこれも欲しい

tillata
tillata
インクが好きすぎて困った!(めっちゃ楽しい!)

という意味です。

【万年筆インクの魅力とは?】ついついインク沼にハマるわけ

ではなぜインク沼にハマってしまうのでしょうか。

自分の経験を元に考えてみました。

ハマるって、楽しいんですよね。

ハマる理由はズバリ、

インクがとにかく美しくて綺麗

なのです。

▲この万年筆インク、めっちゃ綺麗じゃないですか??

インクを1滴垂らしただけでこの美しさですよ?

ときめきませんか?

インクの薄い部分、濃い部分があります。

このインクの濃淡もヤバいですよね。

インク沼にハマる理由はもっとあります。

インクが美しい

▲さっきも見たでしょっていう画像ですが、

例えばで「ビルマの琥珀」というインク。

万年筆インクは、とにかく綺麗です。

無条件で、問答無用で美しいのです。

美しいの代表にエルバンさんの「ビルマの琥珀」を挙げてしまいましたが、これに限らず、どのインクもとにかく美しいのです。

  • 色が美しい
  • 濃淡が美しい
  • インク瓶も美しい
  • インクの名前も美しい

そのすべてが美しいのです。

【インク沼】「万年筆インク×カリグラフィーってめちゃめちゃ綺麗なんですよ」という話。万年筆インクでカリグラフィーを描くと本当に美しいのです。インクの濃淡をご堪能下さい。...

インクの濃淡が美しい

▲「ビルマの琥珀」1色でカリグラフィーを書いたもの。

インクの濃淡が綺麗なグラデーションになっています。

何も考えずただひと書きするだけでこの濃淡が生まれるんですよね。

すごくないですか??

インク沼にハマってしまうポイントの一つです。

【わたしの大好きな万年筆インク】ビルマの琥珀が大変美しい件について【エルバン】エルバンさんのビルマの琥珀というインクの魅力をたっぷりとお届けします。美しいカリグラフィーも盛りだくさんです。...

▲「月夜」というインク。

こちらもこの1色で書いているのにこの濃淡グラデーション。

美しくてハマりますね~。

今までに見たことがない美しさなんですよ。

普通のペンのインクでは拝めないこの美しさです。

この調子で、あのインクはどうかな、このインクはどうかなって、どんどんインクの本数が増えていってしまうんですよね。

これもインク沼の症状の1つです。

【万年筆インク】パイロットさんの色彩雫「月夜」は良いぞ、というお話【おすすめ】月夜の魅力を語ります。カリグラフィー書いています。...

インクの名前も美しい

さきほどご紹介した「月夜」というインクがこちら。

大手文房具メーカーのパイロットさんのインクです。

ヨルシカさんのMV(ミュージックビデオ)にまで登場するレベルに美しい色。

【色彩雫 月夜】ヨルシカ「藍二乗」に登場するインク【万年筆インク】 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、ヨルシカさんのMV(ミュージックビデオ)に出てくる万年筆インクのご紹介です。 ...

月の夜という色に魅せられる方は多いんじゃないかと思います。

月の夜の色。月夜の色。。。って聞いただけでもう。

濃淡も本当に(良い意味で)ヤバいので。

このインクって、値段もお手頃なこともありロングセラーなのです。
持っている方も多いのです。

Twitterなどで紹介される方も多く、よく見かけるインクの1つ。

ホントにいい色。

わたしもTwitterを見て買っちゃった一人です。

【万年筆インク】パイロットさんの色彩雫「月夜」は良いぞ、というお話【おすすめ】月夜の魅力を語ります。カリグラフィー書いています。...

▲続いて「金木犀」というインク。

季節になると香って教えてくれる金木犀の花と同じ色のインクです。

お好きな方、多いのではないでしょうか。

【あると嬉しい万年筆インク】四季織 十六夜の夢:「金木犀」の色見本【セーラー万年筆】万年筆インクの「金木犀」の色見本をカリグラフィーで書きました。実際の花と木の写真も載せています。...

▲ほかにもね、ローズクオーツ(宝石の名前ですね)

宝石のごとくキラキラしていて綺麗なんですよ。

夜光虫という色もあります。

【色見本】Endpaper×Tono&Lims 「夜光虫」を試し書き【ラメインク】Endpaperさんととのりむさんのコラボインク「夜光虫」の色見本を書きました。ラメインクが非常に美しいです。...

こんな感じで、インク名から連想されるインクの色や雰囲気を思うと、ついついあれもこれもって試してみたくなってしまう、手元に置きたくなってしまうんですよね。

インクの名前が綺麗だなというインクは他にもたくさん。

以下、インクの名前を挙げてみますね。

  1. 天色
  2. 紺碧
  3. 紫陽花
  4. 紅葉
  5. 冬将軍

▲お試しに5つ。

どうですか?

その名前から、何色でどんな色なのかイメージできますでしょうか?

シリーズ名がある

▲で、こちらがパイロットさんの「色彩雫」シリーズ(全24色)

全24色+東京限定色3色

・水性の万年筆インク

・ミニボトル(15ml)と大瓶(50ml)がある

・ミニボトルは3本2310円。
※必ず3本セットの販売でバラ売りはなし
※選ぶ楽しさがまた沼の入り口になります

・大瓶は 1,650円

24色でコンプリートな上に、限定色もあるからハマると大変なインク。

青だけ集めてもこんなに……というかもっとある。

【万年筆インク】パイロット色彩雫 おすすめの青5選 こんにちは。tillata(ちらた)です。本日は、パイロットさんの万年筆インク「色彩雫」の中から、好きな青を載せてみます。全24色ある...

他社もご紹介しましょうか??

大御所をいくと残り2つ。↓

・セーラー万年筆「SHIKIORI―四季織―」全20色
https://sailorshop.jp/SHOP/13-1008b.html

・エルバン「トラディショナルインク」
https://www.shop.quovadis.co.jp/SHOP/hb130.html

▲とりあえずインク沼の入門的な感じになるとこちらですね。

お手頃価格でたくさんの色があります。

それと先ほどのパイロットさんの「色彩雫」と合わせ、
初心者の3本柱的な感じです。

ラメ入りインクもある

ラメ入りインクとは、インクの中にキラキラとした細かい粒子が入っているインクです。

書くとインクがキラキラ光ってさらにおしゃれです。

▲「SABA」(サバ)というインク。

鯖のウロコのように、きらきら輝くんですよ。

ラメというと、女性は特に惹かれる気がします。

ネイルとか様々なものを「デコる」ものって、たいていキラキラしているじゃないですか。

ラメってなんだか、特別感ありますよね。

【Tono&Lims】おさばさんコラボインク「SABA」のラメがすごい件についてTono&LimsさんとおさばさんコラボのSABA。ラメが本当にすごいのです。これは買わないと損!...

▲こちらは「ダイヤモンドダスト

北海道などの寒い地方で起こる美しい自然現象の名前。

この名前からしてすでに美しいインクです。

▲拡大してみると、ラメが見えますね。

実物はもっともっと綺麗です。

  1. インクの濃淡が美しい
  2. インクの名前が美しい
  3. ラメが美しい

こんな感じのトリプルコンボになると、インクは買うしかない選択(というかもう選択すらない)。に陥ります。

まさにインク沼ですね。

【ラメの量がすごい】Tono&Limsさんの推しインク9選【とのりむ】 tillata(ちらた)です。今日は、「Tono&Limsさんのインクでラメがすごいぞ」っていうインクをご紹介していきたいと思います。...

▲ラメ入りだとガチの無条件で美しいのです。

【Tono&Lims】ラメ入りインクまとめ その1【~2020年5月発売】Tono&Lims(とのりむ)さんのラメ入りインクまとめです。素敵なインクとの出会いがありますように。...

ブラックライトで光るインクがある

▲「SABAの河童巻き」というインク。

こんな感じで、ブラックライトで照らすと光るインクもあります。

▲もとはこちら。

ふだんは青く見えるのに、ブラックライトで蛍光黄緑になるのです。

不思議なインクですよね。

▲「ワルプルギスの夜

名前からして勝ち組みたいな感じなのが、さらにラメ入りでブラックライトで……なんていうと買うしかないインク。

大好きなガラス工房さんのインクですしね。

▲もとはこちら。

黒い色が「ワルプルギスの夜」です。

【哲磋工房×Tono&Lims】「ワルプルギスの夜」色見本【蛍光&ラメインク】【哲磋工房×Tono&Lims】ワルプルギスの夜の色見本です。ラメ&蛍光インク。ブラックライトで光ります。...

もうお気づきだとは思いますが、インク沼は本当に恐ろしい。

香りつきインク

はちみついんく」なるものがございまして、

ハチミツの香り

がします。

甘くてハニーな、あのおいしそうな香り。

ハニートースト、ハニーカフェオレ、ハニーキャラメル、ハニーパンケーキ……

パッケージもおいしそうですよね。

はちみつの香りは、蓋を開けた瞬間やってくるのです。

ちなみに写真のインクは、「ソバ」「クリ」という名前。

他にも「アカシア」「レンゲ」「ボダイジュ」「マヌカ」など。

好きな方にはたまらないんじゃないかなって思います。

【新色インク色見本】尚貴堂×Tono&Lims 「ソバ」「クリ」【香りつき:はちみついんく】尚貴堂×Tono&Lims「はちみついんく」の「ソバ」と「クリ」のインク見本を書きました。...

他にも、コーヒーやチョコレート、生姜など、いろんな香りが付いたインクがあるんですよ。

とりあえず自分の手持ちははちみつなので、こちらをご紹介しておきました。

【Tono&Lims】「ブラックライトで光る」「色が変わる」「香りつき」ちょっと変わったインクまとめTono&Limsさんの特殊なインクまとめ。ブラックライトで光ったり、色が変わったり香りがするインクをご紹介します。...

ご当地インク・オリジナルインク

▲神戸インク物語。神戸のご当地インクの1つ「千苅ウォーターブルー」。

インクにはご当地も存在します。

富士宮やきそば岩下の新生姜といった、どこかで聞いたことある名前もたくさん存在します。

インパクトありますよね。

こういったものがわんさかあるんですよ。

神戸インク物語長崎美景岡山県ご当地インク源氏物語ジーンズインク浮世絵インクウミウシインクなどなどなど。

【2021年版】ご当地インク&オリジナル万年筆インクの通販【ネットで買えるリンク集】ご当地万年筆インクのネットショップを一覧にまとめてみました。好きなインクが見つかると嬉しいです。...

▲一部ですが、こちらでもいろいろリンク付きでご紹介しています。

思い入れのある地域とか好きなものとかあると

紙によって、出る色が違うインクもある

▲先ほどブラックライトで光るとご紹介した「SABAの河童巻き」というインク。

これ、書く紙によって出る色が変わるんですよね。

青いんですけど、

▲紙によっては緑になります。

▲青緑にも。

  1. ラメ入り
  2. ブラックライトで光る
  3. 紙によって出る色が変わる
  4. コラボインク
  5. 期間限定インク

という5つのコンボだったりします。

恐ろしいインクですよね。

あ、あと、百鬼夜行シリーズの1つです。

【百鬼夜行インク】Glass Studio TooS×Tono&Lims×おさば「SABAの河童巻」をいろんな紙で書き比べてみました【ラメ入り・ブラックライトで光る】SABAの河童巻というインクのご紹介です。ラメ入り&ブラックライトで光ります。紙によって色が変わる面白いインクでもあります。...

ほぼ毎月新色が出る

インクを作っているメーカーさんは、国内外にたくさんあります。

だから、どこかどこかで必ず毎月新色が出るんですよね。

本や漫画の新刊に似ていますね。必ず出るのでヤバいです(いい意味でも、経済的にも)。

個人的に一番恐ろしいのは、Tono&Limsさん。

  1. ほぼ毎月新色を発表
  2. 毎回新鮮で斬新なアイディアが出てくる
  3. 定期的なイベントをしてくれる

コラボも多いですしね、安定した信頼があるのですよ。

とりあえず買っておけば間違いないみたいな絶大的なものがあります。

比較的新しいブランドなんですけど、勢いがすごいのです。

限定色が発売される

どこの趣味の世界にも限定品は存在しており、インクの世界にも当然限定が存在します。

限定ってついつい買っちゃうんですよね。

  1. 期間限定
  2. 季節限定
  3. 販売店限定
  4. イベント限定
  5. インクガチャ限定
  6. クラウドファンディング限定

いろいろと見てきました。

限定って聞くと、この時にしか買えない希少なものというレア度が発生します。

これを逃したらもう一生手に入りません。
だからよけいに買わなくっちゃと購買意欲を掻き立ててくるんですよね。

新色発売より恐ろしいのがこれです。

【クラウドファンディング】Glass Studio TooSさんのクラウドファンディングを支援しました。クラウドファンディングで、 Glass Studio TooS さんを支援しました! ガラスペンで有名なブランドです。...

▲近況としてはこのクラウドファンディングでインク頼んじゃいましたしね。

色が豊富。何千種類とある

青ひとつとっても、たくさんの青があるんですよね。

濃い青、薄い青、水色、緑寄りの青、紫寄りの青、

無限すぎて底なし沼です。

ブルーブラックひとつに絞ってもたくさんありすぎて。

知らない人から見れば

「全部同じ色でしょ」

なのですが、全然違うんですよ。

青だけでも十分、沼です。

ほかにもフラッシュインクや、同じ色でも顔料(耐水性)・染料(水性)・ラメなしラメ入りいろんなバージョンあったりしますしね。

バリエーションも豊富すぎます。

インク沼の長所と短所

  1. インクに癒される
  2. インクで人とつながれる
  3. 出会いがある
  4. 楽しみが増える
  5. 生活に彩りがある

新しいインクとの出会い、新しい人との出会い、新しい場所との出会い、新しい沼(万年筆、ガラスペン、紙など)との出会い……いろいろあります。

イベント(文具女子博など)があると世界が広がるんじゃないかなと思います(こわくて行ったことありませんが)。

  1. 底なし沼。集め出すとお財布に良くない
  2. 置き場所・保管場所に困る
  3. たくさんあると重い(引越しの時など大変)
  4. 封を切ったら3年。という消費期限がある
  5. 転売もある

お財布事情や置き場所問題はあるあるですね。

一度引越しをしたことがありますので、ほんと大変だなと思いました。

インクの消費期限に関しては、切れているものもありますが、使い続けている現状ですね。おそらく若干色が濃くなっているかもです。

転売も過去に何回か問題になったことがありますね。どこの世界にもある困った問題です。

気づいたらインク沼に落ちてた件について

ここからは、わたしのお話。

なんでインク沼にハマったの? 

というお話です。

インク沼の始まりは、「カリグラフィー」でした。

カリグラフィーとは  こんにちは。tillata(ちらた)です。わたしはカリグラフィーが好きで、趣味でいろいろと書いています。 さて、みなさんは、カリ...

ハマった道順は、

カリグラフィーができるペンを探す

⇒パイロットさんの色彩逢いのカリグラフィーニブに出会う

⇒万年筆インクに出会う

⇒普通の万年筆を知りたくなり、とりあえずカクノを買う

⇒万年筆めっちゃすごい&ノーマルなブルーブラックでこんなに美しいとか、じゃあ他の青とかどうなの?

⇒ほかの青買う

⇒気づいたら何色も買ってた

という感じです。

あとはもう、美しすぎるから買い続けている感じですね。

こんなに集めてどうするんですかね、本当に。

【インク沼】「万年筆インク×カリグラフィーってめちゃめちゃ綺麗なんですよ」という話。万年筆インクでカリグラフィーを描くと本当に美しいのです。インクの濃淡をご堪能下さい。...

まとめ

長くなりましたが、これがインク沼というものです。

では改めて、

インク沼とは……

  1. インクに魅了されること
  2. 次から次へとインクを買ってしまうこと
  3. それでもまだ、買わずにはいられぬこと

基準はないんですけど、あれもこれもと思ったらハマっているのです。

自覚はなくとも、10本以上あればすでにハマっているのではないでしょうか。

以上でした。

インクにご興味ありましたら、とりあえずは万年筆売り場まで行ってみてください。

そこにはたくさんのインクがあるはずです。

ありがとうございました。

▲TBSのNスタ「インク沼特集」もよかったらどうぞ。

わたしの作品も映ります。

☆SNSやってます☆

Twitter@tillatata

Instagram→@tillatata3366 

ご興味ありましたら、是非フォローください^^

【インク沼】「万年筆インク×カリグラフィーってめちゃめちゃ綺麗なんですよ」という話。万年筆インクでカリグラフィーを描くと本当に美しいのです。インクの濃淡をご堪能下さい。...
【わたしの大好きな万年筆インク】ビルマの琥珀が大変美しい件について【エルバン】エルバンさんのビルマの琥珀というインクの魅力をたっぷりとお届けします。美しいカリグラフィーも盛りだくさんです。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーの魅力を発信。始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろお伝えしていきます。
関連記事
インク沼

【Nスタ】文具女子博2020特集で作品をご紹介いただきました【ときめく文房具 ガラスペン×インク沼の世界】

2020年11月27日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。5年ほど前からインク沼にハマり、カリグラフィーをしています。今日はテレビのお話。「Nスタ」(TB …