つけペン

【つけペン】カリグラフィーの丸いニブとは?【オーナメントニブ】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

カリグラフィーを趣味で5年ほど続けています。

今日は、最近使い始めた「オーナメントニブ」について書いていこうと思います。

オーナメントニブとは?

▲一番の特徴は、こんな感じにペン先が丸い

丸い文字が書けます。

いろいろなブランドからこんな感じの丸いつけペン出ておりますが、有名なものは

ブラウゼ」(ドイツ)のオーナメントニブ
⇒おすすめは3mm。

エルバンと同じEtablissements LALO社のブランドです。

https://twitter.com/bechori777/status/1168816307141103616

▲ブラウゼのオーナメントニブを一気に有名にしたのは、bechori(べちょり)さんのこちらの投稿。

べちょりさんに使っているペン先を尋ねる方が多いらしく、わかりやすくまとめてくださいました。

その後、銀座の伊東屋さんでオーナメントニブが売り切れるという事件も発生したという人気っぷりです。

bechori(べちょり)さんとは……

レタリング作家でカリグラフィー作家。

ガラスペンやつけペン、筆ペン、万年筆など、様々なペンで手書き文字を書いています。

彼の代表的な道具が、このブラウゼ社のオーナメントニブ。

一目見ただけで魅了される文字なんですよね。

インクも文字も美しく、このインク欲しい&自分でも書きたいと思わせてくれます。

わたし手持ちのオーナメントニブ

ということで、ついに自分もつけペンのモノラインに挑戦することに。

古い型かもですが、ブラウゼ社のペン先(3mm)です。
3mmとは、ペン先の丸い円の直径のこと。

他にも細いものから太いサイズまでいろいろ売られています。
0.5mm~5mmまで9種類もあるんですよ。

わたしの手持ちは3mm1本。

たぶんペン先のセットに入っていた1つだったと思います。

べちょりさんのものとはちょっと違うもの。
(ホントはブラウゼの新しいのが欲しかったのですが、売り切れでして)

軸(ペンホルダー)につけるとこんな感じ。

軸は丸ペン用(先が小さいもの)でなければなんでもOK.
ブラウゼのつけペンでなくても大丈夫です。
ブランドは問わず日本製の軸(漫画用とか)やスピードボールなどのペンホルダーにも使えます。

拡大するとこう。

裏側にはインク留めが付いています。

これが付いていると、インクが紙に垂れなかったり、インクで長く書き続けられたりでき重宝するんですよ。

もともとついていたのですごく嬉しいです。

【通販】ブラウゼのオーナメントニブ3mmを買いました。【モノラインレタリング】ブラウゼのオーナメンタルニブ3mmを買ったよ、すんごくいいよっていう記事です。作品も書いてみました。...

▲追記
新しいペン先ゲットしました!

【モノライン】オーナメントニブで書ける文字

丸いつけペンで書けるのが、上記のような丸みを帯びた文字。

モノラインレタリングといいます。

モノラインレタリングとは、
強弱のない一本線で文字を書くスタイル。

ブラウゼのつけペンでなくても、普通のペンやマジックで書ける文字の1つも、この「モノラインレタリング」。

モノラインとは……
mono(1つの)+line(線)
1本線のこと。

です。

▲「calligraphy」

モノラインで「カリグラフィー」と書きました。

インクは「薔薇の葬列」。

くすみ赤にちょっとオレンジも見えますね。

前回カリグラフィーで書いたときは見えなかった色なのでちょっと感動。

【色見本】Tono&Lims×甘茶「薔薇の葬列」「薔薇の葬列」の色見本をカリグラフィーで書きました。...

▲「hakomolite」ハコモライト

インクの名前をモノラインで書きました。

青緑色の中に黄緑も入っていて、色の変化が面白いインク。

1本での変化がすごい。

こちらも、前回書いたカリグラフィーでは見えなかった姿です。

【色見本】Tono&Lims×ハコペン 「ハコモライト」【ラメインク】ハコモライトの色見本とラメの様子を載せました。...

▲「Thank you」ありがとう

インクは「誰そ彼」。

こちらのインクも、使い方によっても色が変わるので面白いなーと楽しませていただきました。

【顔料粒子×ラメ】ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインク「誰そ彼」は光る青がすごい【インク見本@トモエリバー】「誰そ彼」インクの色見本です。ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインクはピンク~青のグラデーション。...

モノライン、めっちゃ楽しいです。

インクの色をたくさん楽しめるところが良いですね。

文字が太い分インクの量も多く、目に入ってくる部分も多い。思う存分インクを楽しむことができます。書いたその瞬間から「めちゃ綺麗・美しい」が来て、インクをたくさん楽しみながら書けるんですよね。

幸せのひととき。

カリグラフィーもインクをたくさん楽しめますが、モノラインも良いですね。

丸みを帯びた文字がまた可愛く、そこもお気に入りです。

最後に

わたしが初めてモノラインに挑戦したのは、確か約1年前だったかと思います。

bechoriさんの初めての著書「カラフルハンドレタリング シンプルで美しい手書き文字レッスン」という本を購入してからでした。

そのときの練習はガラスペン。

そして今回は初めてのつけペン。

使ったつけペンが太い分、文字の書き方というかコツというかが違っていて、これがまた難しい。

カリグラフィーに慣れてきていても、モノラインには全然慣れていないんだなとすぐに分かりました。

モノラインって、鉛筆でも書けるとてもシンプルな線なんですよね。

だから、初心者でも簡単そうに見えます。

でも実際に書いてみるとこれがとても難しい(自分だけ?)。

ある程度の練習は必要だと悟りました。

色々な文字を書けるようになりたいので、カリグラフィーをやりつつ、ちょくちょくモノラインもやっていきたいと思います。

ではではこのへんで。

ありがとうございました。

▲Twitterやってます。

よろしければフォローもどうぞ^^

ブラウゼのオーナメンタルニブの扱いがあるオンラインショップ
(※現在売品切れ中)

・HOKUSHIN(北辰商事)
https://www.praebitor.net/SHOP/gb-nib-on-1.html

・世界の筆記具ペンハウス
https://www.pen-house.net/item/43852.html



【通販】ブラウゼのオーナメントニブ3mmを買いました。【モノラインレタリング】ブラウゼのオーナメンタルニブ3mmを買ったよ、すんごくいいよっていう記事です。作品も書いてみました。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーの魅力を発信。始めたい方、初めての方、初心者の方向けに役立つ情報を書いていきます。
関連記事
書体

新刊『カラフルハンドレタリング ペンの使いわけでもっと広がる! 美しい手描き文字レッスン』bechori が届きました

2020年12月21日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。今日はテレビで、「鬼滅の刃 柱合会議編」を見つつ、べちょりさんの本でハンドレタリングの練習をして …
Tono&Lims

【モノライン】bechoriさんのかき氷インク・ラメ液・ドットの動画を見て自分でも描いてみました

2021年8月15日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、ブラウゼのオーナメントニブでモノラインを描きました。それがちょっと変わった描き方で、透明 …