カリグラフィー

【カリグラフィー歴4年半】カリグラフィーは独学でできる? 

こんにちは。tillata(ちらた)です。

来てくださりありがとうございます!

突然ですがあなたは、

カリグラフィーは独学でできるの?

と、思ったり、「答え」を知りたいと思ったことはありませんか?

tillata
tillata
わたしはあります!

だって不安じゃないですか。

本当に自分一人でできるのかって。

教えてくれる人がいない状態で、自分だけで学べるものなのか。

もし「できない」というのであれば、最初から独学はしません。
よけいなお金をかけることなく、最初から通信講座か教室に通います。
無駄なお金はかけたくありません。

でも、通信教育も教室もお金がかかるんですよね。
万単位で。

だから、独学の方がどう考えても安くすみそう。

自分一人の力でできるのであれば。。。

独学で道具揃えたのにやっぱりわからない……

ぴえん。

なんて、なりたくありませんよね。

カリグラフィーの知識は全くなし。

といったとき、誰かに教えてもらった方が絶対いいに決まっていますから。

それにすでに独学でやっていた場合、あとから「独学じゃ無理だよ」とかいわれたらすんごく嫌ですし損です。

今まで独学にかけたお金と時間はなんだったんだー!

と。

独学でできないなら、最初から通信教育か教室で習った方が、時間もお金を無駄にしなくていいに決まっています。

でも。

初めてだと何もわらないので誰かに教えてもらわないとできない。

かといって、誰かに教えてもらうのはお金もかかる。時間もかかる。自分の時間と相手の都合が合うかもわかりません。

習いたいと思っても近くに教室がない、教室があっても仕事で通えない、通信教育はちょっと高いし続くかどうかわからないから無理。

となって、また最初の「こんな自分でも独学できるの?

と、何度も何度も無限ループに陥りましたね、わたし。

ということで、わたしの約4年半を振り返りつつ、

カリグラフィーは独学で(どのくらい)できますか?

についての記録を残しておこうと思います。

カリグラフィーは独学でもO.K.

まずは結論から。

カリグラフィーは独学でもできます

こんなわたしでも独学でできているからです。

どなたでも練習さえればできます!

いやいやいや。練習さえすればってあたりまえでしょ(笑)

って言われてしまえばその通りなんですけどね。

やり方や文字があっているのか、間違っているのかは別
※プロの方から習っていませんので、答え合わせはできません。

ぶっちゃけ、本人が楽しいなら書体があってても間違っていても何でもOKとすら思っています。

トラディショナルな、伝統的なカリグラフィーをやりたいのであれば別ですよ。形式に沿ったものは厳密な決まりがありますので、それをやりたいのであれば独学ではなく教室に通うのがベストです。

ただ、自分で自由にやりたい場合は、独学でも大丈夫です。

カリグラフィーは西洋書道とも、洋書道、英習字ともいいます。

日本の書道は、書く人が自由に書いてもO.K.じゃないですか。

英語の書道……カリグラフィーも基本の型を最初に学びますが、最終的には自由に書くんですよね。ですから、楽しく描けさえすれば、本人が楽しめればいいのでは? と思います。

自分が楽しむこと。

うまいとか下手とかではなく、自分が書いていて楽しいかどうか。好きかどうか。

それが継続につながり、独学が続きます。

すると自然と文字は上達します。

続けてできるかどうか=独学でできるかの答え

というのが、わたしの中の考えです。

楽しければ、カリグラフィーは独学でできます。

好きは最強ですね。

1.01の法則と0.99の法則

続いてカリグラフィーの練習について1つの法則のご紹介を。

●1.01の法則

●0.99の法則

ネットで見たことある! 

と、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

●1.01の法則
⇒1よりほんのちょっと多い、
1.01の力を365日続ける⇒37.8倍に

●0.99の法則
0.99を365日続けると、0.03に。
⇒毎日ちょっとずつサボると、やがて力はなくなる

わたしもかつてこのような法則をTwitterで見て、毎日0.1%でいいから努力すればいいんだとやってきました。

ちょっとだけでいいんです。ほんのちょっと。

1日5分でも10分でも。
カリグラフィーの練習をするだけ。

たった0.01%努力するだけで1年後に37倍以上の力になればすごいですよね。

ほんのちょっとなら私にもできそう!

と思いました。

逆に0.01%でもちょっとずつサボれば力がなくなるとか、そういわれると怖いなって。

だったら、ちょっとでも頑張った方がお得です。

ほんの少しずつでいいのでカリグラフィーの練習をする。

それも、独学で大切なこと。

ちょっとでも努力が続けられれば、やがて大きな力になる。

独学でもカリグラフィーはできます。

【約4年半】わたしのカリグラフィー歴

参考になるかなとかんたんにまとめてみました。

2015年秋:カリグラフィーを独学でスタート

2016年7月:カリグラフィーのネットプリントを月1で配信開始

2018年4月:カリグラフィー作家として同人活動を始める

2018年8月~:デザインフェスタ&コミティアへの出展を始める

という流れで2020年の今になります。

好きなので勝手に続けられたという感じです。

あと、同人誌が好きだったのでいつか出してみたいと思っていたんですよね。

それも後押しされて大好きな同人活動へ方向が向きました。

【サークル参加レポ】コミティア128、ありがとうございました! こんにちは。カリグラフィーと万年筆インクが大好きなtillata(ちらた)です。先日……2019年5月12日(日曜日)東京ビッグサイト...
【2019年】今年出した、カリグラフィーの同人誌まとめ2019年に出した、同人誌のカリグラフィー本まとめです。...

【参考】わたしの画力ビフォーアフター

▲上達の参考にと、Twitterからの引用です。

カッパープレート体。

こう比べてみるとずいぶん変わったなと驚きました。

最初ってもっともっと書けなくて、できない自分にへこんだり絶望したりします。

こうやってスマホで写真撮れるレベルじゃなくて。
紙をくしゃくしゃにして投げ捨てるレベルで、ちっとも楽しくないんです。

続けられる気がしないのです。

でも、そこを何とか乗り越えてある程度書けるようになったら、楽しくなります。

わたしはそうでした。

https://twitter.com/tillatata/status/1278247582687358976

▲クッキー

ゴシック体(いろんなゴシック体)の変化。

装飾も付き始めました。

わたしはスイーツやお菓子が好きなのでこういう単語をよく書きます。

好きな言葉を書くのも練習が続く1つのコツですね。

▲マカロン

ゴシック体の変化。

余白が生まれるようになりました。

伝統的なカリグラフィーですと、余白はなくびっちり書き込むのが通常です。

続けてみて思ったことは、文字のクセの変化が面白いということ。

自分の字も変わっていくだなあと。

続けていくと起こる自分の変化を感じられるのも、カリグラフィーをやっていて楽しい1つです。

独学の長所と短所

こちらについても、思ったこと、思っていることを記しておきます。

・自由に学べる。

・好きな時間に好きなだけ好きな文字の勉強ができる。

・一人で集中できる。

・好きな道具・教材を揃えられる。

・自由に作品が作れる。

・通信教育や教室より安く始められる。

・自分で調べる癖がつけられる。

・自分でいろいろと考えられる。

・無理と思ったらすぐに辞められる。

・自分の間違えに気づかない&気づけない

・悪い所を指摘してくれる人がいない。

・間違って覚えたまま突き進んでしまう可能性もある。

・サボっても注意してくれる人がいない。

・ちょっとしたコツを教えてくれる人がいない。

・答えを教えてくれる人がいない。

・どうしたらいいかわからなくなったとき、聞く人がいない

・一緒にやっている仲間がいないとモチベーションが保てない場合も

・これでいいのか迷う。

・孤独との闘い

・やる気がなくなったらアウト。

と、こんな感じでしょうか。

独学でやっている自分が日々感じている範囲での、長所&短所でした。

まとめ

将来カリグラフィーの講師や先生など教える立場やプロを目指すのであれば、教室に通いしっかりと習うのがベストです。

先生が間違った覚え方をしては困りますし、独学では、誰かから「間違っている」と指摘してもらえないのがほとんどです。

ですが、そこまでではない場合、独学で十分とわたしは思います。

ちなみにわたしは、ただ単に好きだから、楽しみたいから書いているという感じです。

独学はどう学べばいいのかは、また別の記事としてそのうちまとめるとして、今日はこの辺で。

ではでは皆さま、楽しいカリグラフィーライフを。

さあ、カリグラフィーを始めよう【イタリック体/ゴシック体編】カリグラフィーの始め方。必要な道具(ペン、紙、インク)に付いて詳しく解説しています ...
【まずはコレ!】カリグラフィー初心者のための、コスパ最強&おすすめアイテム4選【つけペン編】つけペンでのカリグラフィーで、安い&書きやすい&きれいに書けるおすすめアイテムをご紹介しています。...
【100均】ダイソーで買えるカリグラフィー用品【ペンと紙】ダイソーで買えるカリグラフィー用品のご紹介&実際にカリグラフィーを書いてみました。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。