【トモエリバーとの違いは?】「iroful」イロフルをお迎えしました。【SAKAE TECHNICAL PAPER / 紙】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

サカエテクニカルペーパーさんの新しい紙「iroful」をついにお迎えしました!

わたしの好きなトモエリバーのメーカーさんということで、どんな紙かなとすんごく気になっておりました。

irofulとは? どんな紙?

公式HPより引用させていただきます。

●色の才能を発揮する紙

●書いても、描いても、湧き上がる美しい発色

●インクの色・濃淡をくっきり鮮やかに表現できます

●しっとり系の紙

価格:A5(100枚入り)白:660円(税込み)
        A4(50枚入り)白:660円(税込み)
※全2種

ほかの紙より、発色が良いというのが一番の特徴のようですよ。

書くのが楽しみですね。

【irofulの感想】トモエリバーと比較してみました

▲さっそく万年筆インクを使ってカリグラフィーを書いてみました!

ざっくり感想をまとめてみますね

●発色最高。

●トモエリバーより発色が良い

●紙の厚さはトモエリバーよりある
扱いやすく、くしゃくしゃになりにくい

▲こちらはトモエリバー

下段はインクがのりすぎてあまり比較にならないかもですが一応。

イロフル

トモエリバー

イロフルの方が明らかに明るいですね。
実際の色は、イロフルもっととてもはっきりした色で、トモエリバーは良い意味でのくすみ系な。

ここでトモエリバーの特色を公式サイトから引用させていただくと、

トモエリバーとは……

●万年筆が選んだ、にじまない、かすれない紙

●にじまない、かすれないから輪郭がくっきり

●滑らかな書き心地

●薄いのに裏抜けしない

●紙質はさらさら系

です。

廃盤商品ですが、個人的に一押しな紙。
なぜダメなのかわからないくらい好き。

イロフルとトモエリバーの違い

【発色】
イロフル⇒とても良い
トモエリバー⇒アンテーク系

【紙質】
イロフル⇒しっとり系
トモエリバー⇒さらさら系

【紙の厚さ】
イロフル⇒しっかりしている。トモエリバーより折れにくい
トモエリバー⇒めっちゃ薄い。扱いが難しい。

かんたんにまとめるとこんな感じでしょうか。

【どちらが良い?】iroful? トモエリバー?


結論からいいますと、個人的はトモエリバーです。

※6年くらい使い続けているので愛着があるからというのもあり。
イロフルの発色トモエリバーよりいいけれど、使い続けてきた紙をすぐに乗り換えられるほど愛が薄くないのです。トモエリバー愛が止まらないだけです。

もう一度念を押しておきますが、イロフルの方が発色良いですよ、みなさん!

【トモエリバーの好きなところ】

レトロ感あるところ


▲発色はイロフルの方がいい=トモエリバーの発色はイロフルに劣る

わけですが、逆に考えるとアンテークな感じに見えるのです。

全部のインクをイロフルでためしたわけじゃないからまだまだ知らない部分は多いです。トモエリバーを愛用する自分からいうと、最高の推しの前に新しい人が出てきても、最高の推しは自分にとっての最高なのだからそれは変わらない。といいますか。なんていいっていいのかよくわかりませんけれど、わたしはトモエリバーが好きです。

iroful推しなところ

▲モノラインでも描いてみました!

めちゃ綺麗じゃないですか??

▲2色が混ざりあうグラデーションの部分なんかは特に好きすぎるくらい素晴らしい発色

優勝です。

まとめ

ということでイロフルの感想でした。
もう一度トモエリバーとの違いをまとめると、

【発色】
イロフル⇒とても良い
トモエリバー⇒アンテーク系

【紙質】
イロフル⇒しっとり系
トモエリバー⇒さらさら系

【紙の厚さ】
イロフル⇒しっかりしている。トモエリバーより折れにくい
トモエリバー⇒めっちゃ薄い。扱いが難しい。

です。

イロフルの発色は最高ですので、それは名前の通り。

新しい紙が新たに生まれて、「おすすめです!」って叫びたいけれど、トモエリバー最推しの自分としてはトモエリバーの方を推したい(けれどトモエリバー廃盤(復活予定ではある))。

同じ会社の製品ですので、これからは少しずつイロフル推しになれるよう少しずつ使っていきたいと思いました。

ちょっとなにをいいたいのかわからないかもですが、
発色最高のイロフル、是非お試しください。

ありがとうございました。


☆SNSやってます☆

Twitter@tillatata

Instagram→@tillatata3366 

ご興味ありましたら、是非フォローください^^

https://twitter.com/tillatata/status/1502853894644273161
【万年筆インクに最適な紙】トモエリバーの一部の商品が廃盤・終了と聞きまして こんにちは。tillata(ちらた)です。 突然ですが皆さんは、 トモエリバー という紙をご存じでしょうか。 ...
【お気に入り】愛用のカリグラフィー用品【おすすめの道具】お気に入りのカリグラフィーの道具をご紹介。ペン先、インク、紙のおすすめです。ご参考ください。...
【Glass Studio TooS×Tono&Lims】百鬼夜行「雲外鏡」の色見本【万年筆インク】 こんにちは。tillata(ちらた)です。2021年9月、Glass studio ToosさんとTono&Limsさんのコラ...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーの魅力を発信。始めたい方、初めての方、初心者の方向けに役立つ情報を書いていきます。
関連記事
インク

【九ポ堂】『ガラスペンでなぞる ツキアカリ商店街 そこは夜にだけ開く商店街』つちや書店【作品と感想】

2022年1月19日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、ガラスペンでなぞる本のご紹介。『ガラスペンでなぞる ツキアカリ商店街』カリグラフィー関係 …
ラメ入りインク

【ナガサワ文具センター梅田茶屋店×Tono&Lims】Butterfly Pea(バタフライピー)のインクの試し書き【ラメインク】

2022年1月27日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、「Butterfly Pea(バタフライティー)」という青いお茶をイメージしたインクのご …
撮影

【全部買い】セリア:新商品「フォトジェニックシート シーズン」全24柄をさっそく撮影してみました【100均】

2020年7月18日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。来てくださりありがとうございます!今日はセリアに行ったら、新しい背景シートを発見しましたよー。  …
Tono&Lims

【百鬼夜行インク】Glass Studio TooS×Tono&Lims×おさば「SABAの河童巻」をいろんな紙で書き比べてみました【ラメ入り・ブラックライトで光る】

2021年2月25日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、Glass Studio TooSさんと、おさばさんのコラボインク、 SABAの河 …
error: Content is protected !!