カッパープレート体

『カッパープレート体 カリグラフィー』シュテファニー・ヴァイゲレ (Stefanie Weigele)著 朝倉紀子 訳

こんにちは。tillata(ちらた)です。

今日は、カッパープレート体の新しい本を買いました。

▲さっそくTwitterにツイート。

カッパープレート体だけの本。

ドイツの方が書いた、カッパープレート体の教科書です。

【全240ページ】どんなことが学べるの?

それではさっそく中身を見ていきます。

1:インスピレーション
⇒手書き文字の魅力など

2:書くこと
⇒練習方法など

3:小文字
⇒8ストロークで26文字できる、など

4:大文字
⇒楕円が基本など

5:フローリッシュ
⇒フローリッシュの基本要素など

6:アルファベット
⇒フリースタイルなど

7:材料科学
⇒ペンとインク、紙など

ざっと大きな章を追ってみました。

全7章ですね。

道具のこと、小文字、大文字、フローリッシュ、自由に描くこと……

とにかくすごい量です。

この厚さですものね。

一日では読み切れません。

特別付録はダウンロードして使えるガイドシート

本の中にURLとQRコードがあり、見返し部分にもあります。

実際にダウンロードして印刷できるというのが嬉しいですね。

まだ印刷していないので印刷せねば。

さっそく書いてみます

今日書いたものを残しておきます。

久しぶりということもあり手が震えてしまいました。

毎日書くって大事ですね。

最後に

カリグラフィーが好きな人は、やっぱり言われなくても勝手に書き進めるのだなあと思いました。

わたしの練習は気まぐれなので毎日ではありません。

毎日の方の力は、継続の力はすごい。

と、改めて、この本を見て思いました。

自分も頑張らないとね。

以上です。

ありがとうございました。

ではではこのへんで。

▲こちらもおすすめのカッパープレート体の本です。

▲こちらは同じ著者のモダンカリグラフィーの本です。日本語ではありません。

【憧れの文字がマスターできる⁉】『The Speedball Textbook a comprehensive Guide to Pen and Brush Lettering』【スピードボールの本】スピードボールのオンリー本。スピードボールのつけペンのみを使って書いた書体が載っています。テキストブックなのでこれを見て書体の練習ができます。...
【初めての方向け】カリグラフィーのおすすめ本5選【書体を学ぶ】おすすめのカリグラフィー本のご紹介です。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。