ペン先レビュー

【Gペン】ゼブラ、タチカワ、ニッコウ 書き比べ【カリグラフィー】

tillata(ちらた)です。

2月9日は、漫画家 手塚治虫先生の命日だそうです。
それにちなみ、漫画の日になりました。

ということで本日は、3種のGペンを書き比べてみます。

Gペンとはコミック用のつけペンで、強弱がつけやすいペン先のこと。

Gペンのここがすごい

・1つのペン先で、細い線&太い線が両方書ける

・カリグラフィーのカッパープレート体が書ける

・安価で、地方でも入手しやすい

すごいですよね。

カリグラフィー用品って都会に行かないと手に入らないのですが、自分が住む地方でも手に入るので、そこ本当にありがたい存在です。

▲Gペン(ゼブラ)で書いたカッパープレート体です。

こんな感じに、ペン先1つで線の強弱が付けられるのです。

Gペンの種類

こちらでは、有名で基本な3種をご紹介。
( お値段も参考になればとそのままつけております。 )

ゼブラGペン(ゼブラ株式会社)

タチカワGペン(株式会社 立川ピン製作所)

ニッコウGペン(株式会社 立川ピン製作所)


文房具売り場のコミックコーナーでよく見かけるもの。
(上記3種の他に、ゼブラ、立川ピン製作所ともに、ハードタイプの硬いGペンがあります。)

▲見た目はどれも同じ。

上から、タチカワ、ニッコウ、ゼブラのGペンをつけております。

軸は全てストレートホルダー(まっすぐな軸)。
同じ漫画コーナーにあり、一番手に入りやすいものということであえてこの軸を使用。
(カリグラフィーを本格的にやりたい方は、カリグラフィー用のオブリークホルダーにすると、より書きやすくなります)

ニッコウとタチカワ、Gペン

立川ピン製作所さんには2種のGペンが存在します。
まずは簡単にご説明。

ニッコウ……柔らかい

タチカワ……固い

※使う方の筆圧、クセ、使い方などに応じて使い分けます。

要は、お好みでってことですね。

3種Gペン書き比べ

▲さっそく書いてみました。

カリグラフィーのカッパープレート体。

インクはドローイング用のインクです。

もうちょっと拡大。

タチカワが一番字が綺麗に書けました。
しかし、どれもしっかり書けますのでそんなに大差はない。というのが個人的な感想です。

▲上から、ニッコウ、タチカワ、ゼブラ

▲普段はゼブラGペンを使っています。

国産Gペン、どれも良いですよ。

全ておすすめしておきます。

どれも安価で手に入りやすいので、是非、自分にぴったりなGペンを探してみてください。

【ペン軸】手持ちのストレートホルダーと軸の選び方カリグラフィーのペン軸(ペンホルダー)の選び方と、手持ちの軸の紹介です。...
【初心者ならコレ!】誰でも上手く書ける、カリグラフィーのペン先2選【おすすめペン先】 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日はカリグラフィーの、おすすめのペン先をご紹介したいと思います。 ・これからカリグラ...
【まずはコレ!】カリグラフィー初心者のための、コスパ最強&おすすめアイテム4選【つけペン編】つけペンでのカリグラフィーで、安い&書きやすい&きれいに書けるおすすめアイテムをご紹介しています。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。