万年筆インク

万年筆インクに出会えてカリグラフィーを続けられるようになった話

こんにちは。tillata(ちらた)です。

2020年10月くらいでカリグラフィーを始めて5年が経ちました。

tillata
tillata
あっという間の5年!

それ以前は、13年くらいカリグラフィーを挫折していた期間もあります。

カリグラフィーを13年ほど挫折していた話と、カリグラフィーを続けられるようになった話。なぜ挫折していたのかと、なぜ続けられるようになったのかの話でもあります。...

▲詳しくはこちらの記事で。

今日はこの続きで、

どうしてカリグラフィーを続けられるようになった??

を深堀りしていこうと思います。

タイトルにある通り、

万年筆のインクに魅了されたんですよね~。

万年筆インクって何?

そもそもに万年筆のインクとは、文字通り、

万年筆に入れるためのインクです。

▲こちらが万年筆

万年筆って、自分で好きな色を入れることができるんですよ。

普通のペンとは違い、インクを自分で入れます。

万年筆インクの中から、好きな色を入れられます。

そのインクは、普通のペンに入っているインクとは違う美しさがあるんですよね。

その魅力とは何か、次の章をどうぞ。

万年筆のインクは濃淡が美しい

万年筆のインクって、すごくって。

何がすごいかっていうと、

tillata
tillata
インクの濃淡がとても美しいのです


書いた瞬間一目ぼれでした。

▲2016年3月の文字

パイロットさんのブルーブラック。
同じ色でこれだけの濃淡というのが本当に好きすぎて、何度も書きたくなるインクになりました。

綺麗なインクで書いた文字は美しいのです。

自分の文字がダメでも美しく見えます。

だから、下手な文字でも直視でき、投げ出さなくなりました。

インクが綺麗
 ⇩
書いた文字が美しい
(※インクが美しいだけ)
 ⇩
書くのが楽しい!

という流れです。

万年筆のインクじゃなかったらあきらめていました。

本当に美しいんですよ。

「万年筆インク×カリグラフィーってめちゃめちゃ綺麗なんですよ」という話。万年筆インクでカリグラフィーを描くと本当に美しいのです。インクの濃淡をご堪能下さい。...

万年筆インクの魅力は名前にも

万年筆インクの魅力は美しい濃淡だけではなく、

tillata
tillata
インクの名前も美しいのです

例えば、パイロットさんの色彩雫「月夜」というインクが代表的な1つ。

月夜の色とか素敵すぎません?

星空や宇宙が好きなので、それだけでキュン死してしまいました(笑)

▲「月夜」1色でこの濃淡

最高です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パイロット 万年筆インキ iroshizuku 月夜
価格:1650円(税込、送料別) (2020/11/18時点)


無限に存在するインクの色

インクの色って、同じ名前でも会社ごと色が違うんですよね。

パイロットさんのブルーブラックと、セーラー万年筆さんのブルーブラックは違う。

同じブランドの中でも、月夜はブルーブラックの一種ですがパイロットさんのブルーブラックとも違いますし、同じくパイロットさんから出ている深海というブルーブラックともまた違う。

▲「深海」の色はこんな色

tillata
tillata
同じ青でもこんなに違うのか。

と。

さらには、

tillata
tillata
ほかのブルーブラックはどんな色をしているんだろう

なんていう疑問まで出てきて。

青1つとっても無限に興味は尽きなく、自分が知りたいと思う色をそろえるようになりました。

って、これは沼の入り口ですね。

インク沼の入り口。

一気にインクが増えました。


とにかく美しい万年筆インク

▲「ビルマの琥珀」というエルバンさんのインクも美しいんですよね。

カリグラフィーを書かなくてもインクの濃淡は美しく、インクを垂らしただけでもアートに。インクの濃い薄いが出て、それだけで芸術作品。

ビルマの琥珀という名前も素敵。

そんな感じで(?)、インクにハマりカリグラフィーにハマりです。

tillata
tillata
インクの美しさを最大限に発揮できるのはカリグラフィーなのでは??

とも思いました。

【わたしの大好きな万年筆インク】ビルマの琥珀が大変美しい件について【エルバン】エルバンさんのビルマの琥珀というインクの魅力をたっぷりとお届けします。美しいカリグラフィーも盛りだくさんです。...

最後に

インクの美しさを永遠と見続けていたい。

それが、わたしがカリグラフィーを続けられるようになった理由です。

tillata
tillata
インクの美しいを全部知りたい

とも思いました。

残念ながら金銭的にそれは無理なのですが、できる限り集めては書き、集めては書きで、今に至るところもあります。

  • 美しいを集める
  • 綺麗を集める

そんな感じでもカリグラフィーを書いています。

もし万年筆のインクと出会えていなかったら、カリグラフィーをしていませんでした。

自分が住んでいるところは田舎なので、今でも万年筆インクに遭遇することはないです。

買いに行こうと目的を持って行かなければ出会いません。

知らなかったら知らないままです。

もし知ったとしても、万年筆用だからカリグラフィーには使わなかったかもしれません。

万年筆って高級なイメージがあるので、インクもさぞかしお高いんだろうなと、そこでも敬遠する確率高しです。

本当に奇跡だったと思います。

ではではこのへんで。

ありがとうございました!

カリグラフィーを13年ほど挫折していた話と、カリグラフィーを続けられるようになった話。なぜ挫折していたのかと、なぜ続けられるようになったのかの話でもあります。...
【カリグラフィーの魅力】カリグラフィーのどんなところが好き? 好きなところは何? こんにちは。tillata(ちらた)です。来てくださりありがとうございます!今日は、 ということについて、書き記しておこうか...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事