カリグラフィーペン

【おすすめのカリグラフィー万年筆】パイロット プレラ色彩逢い カリグラフィ (CM)【カリグラフィーペン】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

さっそくですが今日は、パイロットさんから出ているカリグラフィー万年筆のご紹介です。

手軽にカリグラフィーができますので、すごく便利なのですよ~。

「手軽」というのは具体的に、

・インクさえ入っていれば、キャップを取るだけですぐに書ける

・書き終わった後もキャップをするだけ。
 使用後に洗う必要なし
(※インクが終わったら、お手入れという意味で洗う必要はあります)

ということで、

プレラ 色彩逢い(iro-ai) 

をご存じでしょうか?

とてもおすすめなので、興味のある方はどうぞお付き合いください。

プレラ 色彩逢い とは?

カリグラフィーのペン先がある万年筆です。

並べるとグラデーションになって綺麗なペンですよね。
思わず手に取ってしまいたくなります。

◆プレラ 色彩逢いとは?

メーカー:PILOT(パイロット)

軸の色の種類全7色


※わたしの写真は6種ですが、もう1色赤が存在

⇩色一覧⇩

・透明レッド
・透明ピンク
・透明オレンジ
・透明ライトグリーン
・透明ライトブルー
・透明ブルー
・透明ブラック

ペン先:特殊合金(鉄ペン)

ペン先の種類全3種
カリグラフィ(CM)
・細字(F)
・中字(M)

お値段:3500円+税(コンバーター付き)

※コンバーターとは、インク入れのこと。

※中のインクは別売りです。黒インクが入ったカートリッジが付いているかもですが、自分の好きな万年筆のインクを入れることができます。

透明部分が本当に美しく、ずっと眺めていられるレベルなのです。

特に白背景と良く似合うのです。

自分の好きな色を選べて

ペン先の太さも選べる

自分のお気に入りの色とペン先を組み合わせられる万年筆。

細字にしたい方は細いペン先。

カリグラフィーをやりたい場合はカリグラフィーのペン先も。

キャップの部分も美しい。

並べても楽しい。

写真を撮るのも楽しい。

お値段3500円+税というところは、ほかの万年筆より割安です。

好きなところは美しさもあるんですけど、キャップを閉めるときの感覚。

吸い込まれるような不思議な感じがありまして、ほかのペンにはない、独特の不思議さというかがお気に入りです。

そこは実際にやってみないと伝わりませんので、是非お手に取ってみてください。

店頭で試し書きができるところもあります。

プレラ 色彩逢い カリグラフィ

それでは、いよいよ本題です(お待たせしました)。

プレラ「カリグラフィ(CM)」のご紹介を。

軸には「CM カリグラフィ」というシールが付いています。

軸やキャップは他のペン先(細字・中字)と共通ですので、間違いがないか一目でわかるようになっています。

わたしの手持ちのカリグラフィニブは写真の透明ブルー1本。
ブルーブラックのインクが大好きなので、それに合わせて青を選びました。

▲ペン先

刻印は、「PILOT <CM> JAPAN 」とあります。

ペン先の幅は約1mm。

写真の大きさの文字が書けます。

▲ペン先の裏側はこんな感じです。

文字見本:タイポグラフィー風

▲試し書き。

書体名はとくになし。タイポグラフィーっぽく書いてみました。

インクは文具店TAGさんの青鈍を入れています。
好きなブルーブラックなのです。

文字見本:ゴシック体

▲小さな文字のカリグラフィーで、けっこう多く使われているかもな書体。

カリグラフィーといえばゴシック体というのが個人的な印象です。

先ほどのゴシック体の、高さを変えて書いてみたもの。

大きさのバランスは自由ですので、好きな形で書いてOKです。

▲また別のゴシック体。大文字。

ちょっと湿気の関係で滲んでしまいましたが、これはこれで美しい。

飾りのフローリッシュも付けられます。

カリグラフィーという感じが増しますね。

文字見本:イタリック体 小文字

▲イタリック体も書けます。

文字が小さいと、ある程度ごまかしが利く?? ので、とりあえず書いてみると’らしく’みえる感じ。

文字見本:日本語

▲やや太字という感じなので、日本語も普通に書けます。

▲ひらがな かたかな 漢字

まとめ

以上、かんたんに書いてみました。

最後はクリーム色の紙にいろいろと。

英語以外でも、普段使いでメモ書きやお手紙もできます。

カリグラフィーを書かなくても、ちょっと変わったペン先も使ってみたいよって方にもおすすめしておきます。

ではでは皆さま、楽しいカリグラフィーライフを。


【セーラー万年筆】カリグラフィー万年筆のレビュー【ハイエースネオクリアカリグラフィー】ハイエースネオクリアカリグラフィーの感想です。カリグラフィーを実際に書いてみました。...
さあ、カリグラフィーを始めよう【イタリック体/ゴシック体編】カリグラフィーの始め方。必要な道具(ペン、紙、インク)に付いて詳しく解説しています ...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事