カリグラフィーペン

【100均】ダイソーで買えるカリグラフィー用品【ペンと紙】

tillata(ちらた)です。

今日は、ダイソー(100円均一ショップ)で手に入るカリグラフィー用品についてです。

・ダイソーには何があるの?

・カリグラフィーをやってみたいと思うんだけど本格的なのはちょっと

・カリグラフィーを気軽に体験してみたい

という方向けに、自分が知っているもの&おすすめを紹介していきたいと思います。

それではいってみましょ~。

ダイソーのペン

カリグラフィーマーカー&エンボスペーパー

まずはペンと紙のご紹介です。

ダイソーにはカリグラフィー専用のペンがあるのですよ。

全10色

フラット芯筆ペンのツインペン

2本セットで税込み110円

2本で税抜き100円というコスパ最高なペンで、全色集めても550円というお値段。

そして、写真右上にあるのはエンボスペーパー(凹凸があるおしゃれな紙)。

カリグラフィーマーカーと同時発売でしたので、それ専用に作られたのだと思います。

▲ペンで書くとこんな感じ

紙はルーズリーフ。

エンボスペーパーは自分には合わなかったため使っておりません。
※ダメというわけではありませんよー、念のため。

方眼紙の方が好きだからというだけです。

ちょっと試してみたいよという方は、是非挑戦してみてください。

▲実際にわたしが、ダイソーカリグラフィーマーカーで書いている動画です(音が出ます)。

その他詳しい記事は、↓以下をご参照。

【ダイソー】カリグラフィーペンの感想【カリグラフィーマーカー】ダイソーのカリグラフィーマーカーのご紹介と感想です。実際にカリグラフィーを書いてみました。...

ぺんてる:筆touchサインペン

▲ぺんてるさんの筆タッチサインペン

ダイソーにバラ売りがあります。
※写真はダイソー以外で購入したペンも含まれておりますので、何色の取り扱いがあるのは未確認。
最近発売の新色はラインナップに含まれておりません。

定価は税抜き150円。

それが税抜き100円でゲットできるのは大変うれしいですよね(ぺんてるさんといえば有名な文房具メーカーですし)。

▲こんな感じでカッパープレート体が書けたりします。

今はブラッシュレタリングやモダンカリグラフィーなんかもこれ1本で出来るようですよ(わたしはまだ未挑戦)。

【筆ペン】筆touchサインペンでカリグラフィー【ぺんてる】 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、ぺんてるさんの筆touchサインペン(クリックで公式HP)をご紹介します。筆みたいな...
【新色】ぺんてる 筆touchサインペンの試し書き【カリグラフィー】ぺんてる 筆touchサインペンの新色の感想と色見本です。...

ぺんてるさんの公式YouTubeではこのペンで出来るカリグラフィーのご紹介もあります。

▲素敵な紹介動画

ダイソーには、このほかにも筆ペンが何種類もありますので、いろいろ試してみるのも面白いかと思います。

是非、自分に合った筆ペンを探してみてください。

500円万年筆

▲ちょっとお高い万年筆(税抜き500円)。

上級者向け(?)になるのか、改造してカリグラフィー万年筆になるのですよ。
(※改造に失敗して壊れる可能性もありますので、壊れてもよいという意味でこのダイソー万年筆をご紹介しております。)

中国のジンハオに似ています。

▲ペン先を手持ちのGペン(ゼブラ)に付け替えたのがこちら。

(※やり方は、ペンチで万年筆のペン先を抜き、Gペンを入れるだけ。ですが、実際やってみるとちょっと力が必要だったり、壊れる可能性もあり。ですので、ここでは割愛させていただきます)

ジンハオ万年筆(中華製)でGペンに改造するやり方がネットにありまして、わたしはそれでやってみました。……というところまで書き残しておきます。

あるとちょっと面白いペン。

ダイソーの紙

プランニングパッド(レポートパッド)

続いて良質な方眼紙のご紹介です。

プランニングパッド(レポートパッド)。練習用としてすごく良いのです。

なぜかといいますと、

・品質が良い(国産)。
⇒万年筆インクが滲みにくい裏抜けしない

・安くてたくさんあるので気兼ねなく練習ができる。
50枚で税込み110円
ですので、勿体ないと思うことなく思いっきり練習できます。

万年筆インクも使えるということで、カリグラフィーの練習にピッタリなのです。

インクが紙に滲むと、うまく書けずに下手って思ってしまうんですよね。お手本は滲んでいませんので。そうすると、見本と同じに書けないって、一気にやる気をなくしますからね。

滲まない紙で練習するのはとても重要

コピーに写りにくいブルー罫というのもポイント。

▲実際に使ってみるとこんな感じです。

高級筆記用紙(ノート&メモ用紙)

こちらも万年筆インクが滲みにくく裏写りしない紙です。

国産で、さまざまなサイズ&種類があって便利なのですよ。
(ノートタイプと、メモパッドがあります。)

写真の白ノートは、全て無地( 他に、罫線入りと5mm方眼タイプがあります)。
自由に紙を使うことができ、わたしが良く使っているものです。

もちろん、罫線があった方が書きやすい、方眼タイプの方が書きやすいなど、自分が使いやすいものを選ぶのが一番です。

ここでは、わたしが好きな種類として【無地】をご紹介。

なぜ無地を良く使っているかというと、カリグラフィーの本番原稿に使えるからです。

・インクの濃淡がよく出る

・インクが滲みにくい

・満足な発色

・安心の国産

というのがり、原稿に使えるんですよね(もちろん、練習としても大活躍)。

過去の原稿としては、↑上記作品は全てこのダイソー高級筆記用紙を使いました。

何度書き直しても、値段を気にすることなく何枚も使えるから。

高い紙だと「もったいない」とか思っちゃうんですよね。

ですから、ダイソーの紙を使ってみましたよー。

▲イベントや通販でお渡しした直筆カリグラフィーの原稿としても使用
万年筆インクの濃淡も綺麗に出ます。

かつ、

・リラックスした状態でカリグラフィーが書ける

・緊張せずペンを使える=手が震えない

という、最高にコストパフォーマンスが良い、コスパな紙なのです。

気兼ねなく紙を使えるというのは、リラックスして書けるからいいんですよね。自分が一番良い状態で書くのが一番です。

ダイソー高級筆記用紙、おすすめです。

▲ちなみに裏面。【高級筆記用紙のクリーム上質紙を使用】とのこと。

国産です。

色画用紙:黒

▲黒画用紙(国産10枚入り)です。

こちらは、白インクや金、銀インクを使う際に活躍します。

ちょっと黒い紙に書いてみたいと思った時、ダイソーなら110円で手に入りますからね。便利です。

▲白インク×黒画用紙

とてもよく映えます。

▲金&銀インク

黒に良く似合うインクですよね。

▲フラッシュインク使うと金になります。

試してみたいと思った時、ダイソーの紙がとても便利。

こんな感じで、黒画用紙にいろいろ書けるのです。

▲ちなみに裏面はこんな感じ。

ペン先が紙に引っかかることもありませんので、とても上質だと思います。

おすすめまとめ

以上でした!

最後にまとめとしておすすめを載せておきます。

●ペン⇒

筆touchサインペン


●紙⇒
レポートパッド

高級筆記用紙

黒画用紙

です。

ほぼ全部ですね(*´ω`*)

他にもいろいろあるかもですが、とりあえず自分はこんな感じです。

あと、人様のTwitter投稿になりますが、傾斜台も100均材料で作れるようです。
カリグラフィーに使えるのかはわかりませんが、興味がある方はご参考ください~

【セリア】カリグラフィーマーカー2種のレビュー【感想】セリアのカリグラフィーマーカーのご紹介です。...
さあ、カリグラフィーを始めよう【イタリック体/ゴシック体編】カリグラフィーの始め方。必要な道具(ペン、紙、インク)に付いて詳しく解説しています ...
【リンク集】カリグラフィー : 無料ダウンロードのテンプレート【練習用】カリグラフィーの練習に使える無料テンプレートのリンク集です。...
さあ、カリグラフィーを始めよう【イタリック体/ゴシック体編】カリグラフィーの始め方。必要な道具(ペン、紙、インク)に付いて詳しく解説しています ...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事