【万年筆インクに最適な紙】トモエリバーの一部の商品が廃盤・終了と聞きまして

こんにちは。tillata(ちらた)です。

突然ですが皆さんは、

トモエリバー

という紙をご存じでしょうか。

万年筆インクが滲まない・裏抜けしないということで、万年筆インクユーザーや手帳ユーザーに親しまれている紙です。

ほぼ日手帳やジブン手帳など、有名手帳ブランドにも採用実績があるんですよ。

しかしこのトモエリバーが、現在の在庫で終了とのこと。

もう生産はしないそうです。

万年筆インクでカリグラフィーを描いている自分も、トモエリバーユーザーの一人。

このニュースには驚きました。

わたし個人のシェア率は8~9割。高確率でトモエリバーを採用しているくらいトモエリバーを愛しています。

そのトモエリバーが終了になると、Twitterで知ったんですよね。

まさかまさかです。

こんなに素晴らしい紙が終わってしまうだなんて。

個人的重大ニュースのため、詳しく調べてみました。

▲A4 100入り(ホワイト)
Amazonリンク。

こちらがトモエリバー。

実際にわたしが使っているものです。

トモエリバーとは?

株式会社巴川製紙所さんの紙。

ということで、トモエリバーというお名前。

  1. 薄くて軽くて印刷しやすい紙
  2. 中性紙で劣化が少ない
  3. 万年筆インクでも裏抜けしにくい・にじまない

という特徴を持っています。

万年筆インクに最適ということで、わたしのカリグラフィー作品もお世話になっているんですよね。

【どの品番が終わり?】トモエリバーの終売リスト

以下、リンク先をご参照ください。

SAKAEテクニカルペーパー株式会社
https://www.sakaetp.co.jp/

トモエリバー:販売終了のご案内
https://www.sakaetp.co.jp/pdf/20210426.pdf

ルーズリーフ系は終わりになっております。

これが一番好きな形だというのに。

▲Amazonの在庫もこれにて終了。


▲A5ですと楽天にまだあります。

わたしが思うトモエリバーの魅力

なんでそんなにトモエリバーにこだわるのか、個人的な理由を挙げてみます。

万年筆インクが滲まない

裏抜けしない

インクの濃淡が美しく出る

なめらかな書き心地

スキャンしても綺麗(白)

ほかの万年筆インク用の紙と比べても、トモエリバーは全部完璧なんですよね。

あえて欠点を上げると、

ちょっと薄いからシワになりやすい
扱いに気を付けないといけない。

というくらいでして。

とにかく最高なのです。

トモエリバーを使って描いたカリグラフィー作品

▲クリーム色とホワイト。

2種あります。

そのうちホワイトが良く使っている紙。

万年筆インクが綺麗に出て、なめらかに書けて滲みもありません。

他の紙でももちろん濃淡は出ますが、わたしはトモエリバーが好きなのです。

色が白いからよく映えるという理由もあり。

とにかくトモエリバーが好きなのです。

最後に

トモエリバー試してみたいよ、欲しいよという方、あと少しでネットショップの在庫はなくなります。

気になる方はお早めにどうぞ。

なお、後続品があるようですのでそちらにも注目ですね。

現在の品質のさらに上を行くもの、期待しております。

▲Amazonはこちらで終わり。

ではではこのへんで。

ありがとうございました。

☆SNSやってます☆

Twitter@tillatata

Instagram→@tillatata3366 

ご興味ありましたら、是非フォローください^^

【お気に入り】愛用のカリグラフィー用品【おすすめの道具】お気に入りのカリグラフィーの道具をご紹介。ペン先、インク、紙のおすすめです。ご参考ください。...
カリグラフィーの道具をご紹介カリグラフィーのペン、インク、絵の具、紙をご紹介。全て使ったことがあり、わたしのお気に入りです。...
【カリグラフィーでインクが滲む!】滲まない方法3選カリグラフィーで、インクが滲まない方法を3つ、ご紹介します。...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーの魅力を発信。始めたい方、初めての方、初心者の方向けに役立つ情報を書いていきます。
関連記事
Tono&Lims

【百鬼夜行インク】Glass Studio TooS×Tono&Lims×おさば「SABAの河童巻」をいろんな紙で書き比べてみました【ラメ入り・ブラックライトで光る】

2021年2月25日
【カリグラフィー ブログ】カリグラフィー メモ
こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、Glass Studio TooSさんと、おさばさんのコラボインク、 SABAの河 …