健康管理

【 副反応は? 用意すると便利なものは?】コロナワクチン(ファイザーのコミナティ)2回目を接種してきました。【経験談】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

5月18日(火曜日)に、コロナワクチン2回目を接種してきました。

新型コロナウイルスのワクチンは、

1回目で免疫を作り

3週間後の2回目で
免疫を強化します。

【副反応は?】新型コロナウイルスのワクチン(ファイザーのコミナティ)を接種してきました。【医療従事者等優先接種】新型コロナウイルスのワクチン接種(ファイザー)を受けた記録です。少しでも多くの方のご参考になればと思います。...

▲1回目の記録はこちら。

初回の副反応といえば、

接種したところが痛かったのと

肩がちょっと上がらないかな、

くらいで大したことはありませんでした。

だから2回目も何もないと思っていたんですよね。

ところが。

38℃を超える熱が出るなど、1日動けない状態が続きました。

以下、わたしが実際に経験した副反応です。

ファイザー2回目】
●接種当日
⇒副反応ほぼなし(打ったところが少し痛いかなくらい)

●接種翌日
⇒発熱(38.1℃)・悪寒・倦怠感(だるい)・筋肉痛

●接種翌々日
⇒頭痛・倦怠感⇒夕方に全回復

2人に1人は熱が出ると聞いていましたが、まさか自分がなるとは。。。

(後から知ったのですが、熱が出た=抗体ができたという証拠だそう)

ということでこの記事では

  1. 接種2回目の流れ
  2. ワクチン接種後の副反応の記録
  3. 副反応に備えてあった方が良いもの

を書き留めておきます。

これから接種するよという方の参考になれば幸いです。

接種2回目の流れ

わたしの実際の行動記録です。

起床時

起きたとき、体温を測りました。

36.2度。

平熱です。
(熱がある場合はワクチン接種できません)

大丈夫ということで仕事へ。

ワクチン接種時間になったら仕事を抜け、病院へ行きました。

受付

予診票は1回目と同じです。

この予診票を、受付に見せて会場に入ります。

検温はなし。医療従事者枠だからというのと、病院の入り口に体温を自動で測る機械があったからかもしれません。

問診

予診票を見ながら先生とお話しました。

1回目の接種後どうだったとか。

接種部の痛みくらいなのですぐに終了。

注射の方へ案内されました。

ワクチン接種(2回目)

1回目と同じで筋肉注射。

Tシャツで行ったので、少し袖を上げるだけで接種できました。

長袖で行くと腕まくりがNGなので(圧迫するから)、接種される方はTシャツで行くのが楽です。

「チクっとしますよー」といわれて本当にチクっとしました。

そしてちょっと痛いなと思っている間に注射は終わっていました。

絆創膏を貼られて終わりです。

  • 激しい運動はダメ
  • お風呂はOK
  • 接種部分は揉まない

そんな感じ。

新型コロナワクチン接種記録書

こちらの紙に証明書が貼られました。

ワクチン接種の証拠を求められたときに、これが証明となります。

15分の待機

副反応を見るために待機です。

特に何もありませんでした。

終わり

最後に出口にいる係の方に予診票をお渡しして終わりです。

「念のため15分間は一人にならないでください」と声をかけられました。

ということで、ワクチン接種はこれで終わりです。

次、副反応について書きます。

ワクチン接種後の副反応の記録

ここからは副反応の記録です。

1回目と違って、夕方から腕が痛くなることはありませんでした。

夜ちょっと痛いくらいかなという感じ。

服を脱ぐのも着るのも大丈夫(1回目の時は痛かった)。

ほぼ何事もなく就寝につきます。

驚くほど静かな就寝でした。

接種翌日【朝3:30(接種後約12時間)】悪寒

副反応の本領発揮はここから。

まず、朝の3時半ころ目が覚めました。

めっちゃ寒い

羽毛布団で寝ていたのですが、目が覚めたとき震えていました。

5月19日なのでそこまで寒いわけないんですけどね。

室温20℃はあったはず。それなのに寒いとか、「うそでしょ」って思いました。

気のせいかと思って耐えていました。

でもなんか余計に寒くなり、めんどくさいけど着るものを探しに、布団から出ました。

それで何をしたのかというと、

  • 裸足だったので靴下をはきました。
  • もう一枚上着を着ました
  • そして布団をかぶって寝ました

以上です。

が!

まだ寒いどころか全然あたたかくならないのですよ、これが。

震えが止まりません。

注射ってすごいですね。

ワクチン打っただけでこうなっちゃうんですから。

インフルエンザの予防接種では何もなかったのに。

しかたない。

最終手段だと思って、次は電気コタツ

スイッチを入れ、もぐりました。

電気なのであたたかくなるのが早かったです。

すぐに体はあたたまりました。

コタツがまだあって本当によかったです。

片付けていたら凍死してたかもレベルですもん。

コタツのおかげで、ようやく安心して眠ることができました。

【6:30 目が覚める】悪寒

それからわりと早くに目が覚めました。

コタツがちょっと熱く感じたので途中でスイッチを切ったんですよね。

それがいけなかったです。

また寒くて目が覚めました。

幸い今日は休日。仕事行かなくていいの最高です。

と思ってまた眠りました。2度寝です。

【8:00起床】37.3℃/頭痛/怠い/悪寒/筋肉痛

8時になってようやく起床。

熱を測ると37.3℃ありました。

ちょっと熱っぽいなという感覚あり。

着替えたり洗濯機を回したりして再び寝ました。

何かやろうという気はスマホやる気力くらいしかなくて、ある程度スマホをやった後また眠りました。

朝ごはんは抜き。

お昼ご飯と一緒です。

ご飯を作る元気はあるのに片付ける気力まではなし。

お昼も熱がありました。

37℃。

再び眠りました。お昼寝です。

【14:00(接種後24時間)】発熱38.1℃⇒薬を服用

13時に寝てから、14時に目が覚めました。

熱を測ると38.1℃。

いよいよいけないなと思ったので、薬を飲みました。

ワクチン接種した病院で、ワクチン接種後にいただいた薬です。

接種者全員に配っていたもの。

本当は飲みたくなかったんですけどね。

でも38℃までいったらしかたがありません。

規定の2錠飲みました。

薬服用2時間後⇒36.2℃平熱に戻る/頭痛/怠い

その後、寝て目が覚めると(2時間後くらい?)あっという間に平熱に戻っていました。

すごいですね、薬の力って。

病院からあらかじめ処方されていたものの有難みを感じました。

さすがプロ。

ただ、熱はなくとも怠さも頭痛もあり、一日中寝ている状態です。

接種2日後:頭痛⇒48時間後で副反応終わる

接種後の次の次の日は仕事で。

朝からめっちゃ頭が痛いまま時間が過ぎていきました。

不思議と熱はなく36.2℃。

しぶしぶ会社へ行き頭痛のまま仕事。

16時ころになってようやく副反応が消え、頭がスッキリしました。

完全に回復しました。

【副反応に備える】あった方が良いもの

自分の経験から、あった方がいいよというのをまとめてみました。

2回目の副反応は、みなさんもきっと強いです。

  1. 接種日翌日・翌々日の休暇
  2. あたたかい服
    ⇒悪寒すると思うので、重ね着できるものを
  3. コタツもしくは電気毛布
    ⇒悪寒本当にヤバいです
  4. 薬(カロナール)
    ⇒接種当日に接種会場でいただいた薬
    たぶんもらえるはず。
    ロキソニンはダメです。
  5. ポカリスエット系の飲料
    アクエリアスとか。
    のどが渇きます。
    水だけでは潤いません
  6. あたたかい飲み物
    ⇒体が温まります。
  7. 簡単に調理できる食べ物
    ⇒冷凍食品/カップ麺系/レトルト系など
    料理とか無理。洗い物とか無理です
  8. 自分が癒されるもの
    ⇒音楽とかクッションとかマンガとかお好きなものを

何もなかったら何もなかったで、備えあれば患いなし。

まとめ

もう一度わたしの副反応をまとめておきます。

ファイザー2回目

●接種当日
⇒なし

●接種翌日
⇒発熱(38.1℃)・悪寒・倦怠感(だるい)・筋肉痛

●接種翌々日
⇒頭痛・倦怠感

です。

ワクチン接種翌日の休暇必須

ですね。

暖かくできる環境ポカリ

これも大事。

もし、2回目を接種するよーという方がいらっしゃいましたら、心の片隅にでも置いておいてもらって、思い出していただけたらと思います。

ワクチンを受けるか受けないかは自由です。

副反応で何かもっと大変なことが起こるかもなので。
可能性はゼロではありませんので。

ということで、わたしの経験談は以上です。

【副反応は?】新型コロナウイルスのワクチン(ファイザーのコミナティ)を接種してきました。【医療従事者等優先接種】新型コロナウイルスのワクチン接種(ファイザー)を受けた記録です。少しでも多くの方のご参考になればと思います。...

☆SNSやってます☆

Twitter@tillatata

Instagram→@tillatata3366 

ご興味ありましたら、是非フォローください^^

https://twitter.com/tillatata/status/1395389721744793605
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーの魅力を発信。始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろお伝えしていきます。