水彩

【class101】手作りフレークシール 【水彩オンラインレッスン】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

class101のオンラインレッスン、最後の課題が終わりました。

それが「フレークシール作り」です。

講座的にはマスキングテープがラストなのですが、わたしはフレークシール作りを最後にしました(マスキングテープを入稿している間にフレークシール作りをやろうと思いまして)。

フレークシール作りは自分でレイアウトを考え、市販のシール用紙に印刷。好きな形に手作業で切るというもの。

さっそくチャレンジしてみました。

フレークシール作りの原稿

A4にillustratorで作成しました。

写真はレイアウトしたものをシール用紙に印刷したところです。

細かくたくさん並べたり、

▲大きい素材を並べてみたり。

▲紙によって印刷の様子が違っています。

紙(シール用紙)選び、大事ですね。

シール用紙をカット

印刷したら、1つずつ手作業で切っていきます。

▲カットしていくと、1つ1つが小さくて可愛いですね。

▲別カット。

マスキング素材はやっぱり印刷が薄くなりました。

他の上質紙は濃く出ます。

では、

どんな紙を使ったの?

ということで細かく見ていきますね。

用意した市販のラベル用紙3つ

ダイソーのラベル用紙

▲ダイソー

上質紙です。

実際に印刷してみると、紙の目が粗いことに気づきます。

紙は真っ白で好きなのですが、やっぱり印刷に粗さを感じてしまうんですよね。

単体では十分。

他のラベルと比べることで粗さが目立ちます。

セリアのA4マスキングシール

▲マスキング素材に印刷するタイプです。

半透明なラベルができます。

▲マスキング素材のため、半透明に見えます。

印刷される色は薄め。

家庭用プリンターではいろいろと研究が必要そうです。

エーワン ラベル用紙

▲エーワンのラベル用紙

大手メーカーさんのもの。

ダイソーとは違う、専門の有名ブランドですね。

3つの中で一番きれいでした。

目が細かくてシールもしっかりしています。

手作りシールとして十分なのでは??

最後に

以上、シール作りについてでした。

フレークシールを水彩描くことろから習えたのは嬉しいですね。

今回のオリジナルは葉っぱだけですが、今後もいろいろと作っていきたいと思いました。

素敵な講座をありがとうございました。

【class101とは?】class101の水彩講座をやってみた感想【オンラインレッスン】 こんにちは。tillata(ちらた)です。2021年1月から、「class101」(クラス101)というオンラインレッスンを習っていま...

▲class101についてはこちらをどうぞ。

☆SNSやってます☆

Twitter@tillatata

Instagram→@tillatata3366 

ご興味ありましたら、是非フォローください^^

【class101】水彩オンライン講座の課題メッセージカードが届きました。 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、水彩講座の課題である、メッセージカードが届きましたのでご報告です。 https:...
【class101】ゆゆうさんのオンライン講座、課題のマスキングテープが届きました。 こんにちは。tillata(ちらた)です。2021年1月から始めた水彩のオンラインレッスンも、終盤を迎えています。今日は、先日のメッセ...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事