カリグラフィーインク

【カリグラフィーインク】KWZ(カウゼット)つけペン専用カリグラフィー顔料インク【感想】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

最近、カリグラフィー専用インクを購入しました!

▲(*’▽’)<こちらです!

カリグラフィー好きとしては見逃せないインクだったので即決。

まずは簡単にご紹介⇒レビューしていきますね。

KWZ つけペン専用カリグラフィーインクとは?

▲こちらは、購入した3色(黒・金・銀)

【KWZ】つけペン専用カリグラフィーインク
・メーカーはカウゼット(KWZ)。
ポーランドのインクです。

顔料インク

・筆記乾燥後、耐水性あり

粘土が高い(さらさらではないので、万年筆には使えません)

▲箱裏はこんな感じ。

KWZ  Calligraphy ink との表記が嬉しい。

本当にカリグラフィー専用なんだと、開封前の心の中はわくわくでいっぱいです。

それでは、1色ずつレビューしていきますよー。

黒インク(Black)

▲黒インク

ざっと書いてみました。

・真っ黒⇒ゴシックがかっこいい

ブラウゼやミッチェルのつけペンでもしっかり書けます。
粘土が高いので幅広いペン先が使えて楽しい。

甘い香りがする⇒直に嗅ぐとややきつめですが、蓋を開けていると周りに香りが漂います。季節柄、わたしはチョコレートかと思いました。
エルバンのカカオブラウンの香りに似ているような

黒はとにかく、書く文字全てをかっこよく魅せられるインク。

あくまでわたし個人の感想ですが、とにかくかっこよいい文字が書けるインクだと思いました。

万年筆インクの黒ですと、インクの濃淡が出て、濃い部分、薄い部分に分かれます。
一方で、今回のこのインクは黒一色。平均して同じ濃度の文字が書けるのです。

写本などは濃淡の出ない黒一色ですから、そんな作品作りにも重宝しそうです。

銀インク(Silver)

▲続いて銀インク。Gペンで美しく書けるインクだと思いました(*´ω`*)

最初スピードボールC-2で書いてみたのですがちょっと上手くいかず (たぶんミッチェルやブラウゼで書けばうまくいくはず) 。試しにGペンで書いたところ、調子よく書けました。


万年筆のインクですとさらさらなのでうまく書けないんですよね。
ですが、このインクは粘土がありますので、しっかり書くことができます。

それだけでも嬉しいです。

黒紙×銀インク

黒画用紙(これはダイソー)にもめっちゃ映えました。

おしゃれなカードが作れそうです(*´ω`*)
その他、作品作りにも頻繁に活躍しそう。

すごく滑らかにかけて、発色も美しいのです。

ずっと眺めていられます。

金インク(Yellow Gold)

ラストは金インク

こちらもシルバー同様、わたし個人はGペンが書きやすいなと思ったインクです。
(まだすべてのペン先を試してはいませんので、そのうち良いペン先を発見すると思います)
金という華やかな色なので、試しに装飾を書いてみました。

簡単な葉っぱのリース。
黒い紙にこれまたよく映えます。

それと、別の金インクとの併用もまた美しいので、ご紹介しますね。

ウィンザー&ニュートンの金インクとのコラボ

交互に葉っぱを書いていったものです。
同じ金インクでもウィンザー&ニュートンはラメなので光ります。
その組み合わせが本当に最高。

↓↓↓動画まで撮ってしまいました↓↓↓

ゴールドインク2色で書く葉っぱのリース

めっちゃ綺麗なのでぜひ見てほしいです(*´ω`*)

金インク&銀インクの組み合わせ動画

これも撮ってみました。

金銀もおすすめですよ~

まとめ

ということで、カリグラフィー専用インク3色の感想でした!

カリグラファーの意見を取り入れたインクということで、さすがという感じです。

使って損はなし。

プッシュしておきます。

ご購入はHokushinさんのネットショップより。

以上でした!

▲最後にまたTwitter貼っておきますね。

【ネット通販】カリグラフィー用品が買える、おすすめネットショップ4選 こんにちは。tillata(ちらた)です。今日は、カリグラフィー用品を扱うおすすめネットショップをご紹介します。 ・どういうお店...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。