練習

カリグラフィー、私の日々の積み重ね

こんにちは、tillata(ちらた)です。

今日は、私が毎日習慣で書いているカリグラフィーについてお話したいと思います。

1日1色、カリグラフィーの色見本

まずは小さなことからこつこつと。

新書サイズの紙に、使ったインクの名前を書くだけ。

パイロットの月夜というインクを使った場合は、

Tsukiyo

と、カリグラフィーで書きます。
書体は自分が無理なく書けるものを選びます。
難しくて挫折してしまっては意味がありません。
ですから、まずは書けるものからスタートしました。

1日1色にするメリットは

  • 1日1色で良いという簡単な目標
  • 文字の練習をしつつ色見本ができる
  • 7日続ければ7色。1か月続ければ30色の完成
  • わかりやすい
  • 100色見本ができれば今後の創作にも生かせるかも?

つまりは、将来性があるなあと感じたからです。

慣れてきたら装飾も入れてみる

ある程度慣れてきたところで、私は葉っぱの装飾を入れ始めました。

とりあえず思うままに適当に。
徐々に勉強しながら書いていきます。

葉っぱを入れると、今まで文字だったものが華やかになり、「いいな」と思い、
より書くのが楽しくなりました。
装飾の勉強ができて文字の勉強ができて色見本が作れて。

こんな良いことはない。

というくらい楽しいです。

続ける楽しさ

カリグラフィーに限らずですが、何かを毎日続けるということは、続けられるということは、なかなかできない難しいものだと感じています。

Twitterやインスタグラムをやっていて感じているのは、毎日作品を投稿し続けている人たちが一定数確実にいること。彼らは上手いということ。
毎日続ける週間で、技術が上達しているんだと証明されています。

専業か、兼業かによっても違うと思うのですが、私は「忙しい」を理由にせず、何があろうが毎日を大切に積み重ねていきたいと思います。

努力を努力と思わないような習慣になればよいなあと思います。

ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事