Tono&Lims

【カッパープレート体】ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインク「誰そ彼」でカリグラフィーを書きました。

こんにちは。tillata(ちらた)です。

今日は、「誰そ彼」というインクでカッパープレート体を書きました。

▲ネットでも話題のこちらのインクですね。

ピンク色に青の粒子とラメで美しいグラデーションになるインク。

【顔料粒子×ラメ】ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインク「誰そ彼」は光る青がすごい【インク見本@トモエリバー】「誰そ彼」インクの色見本です。ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインクはピンク~青のグラデーション。...

▲購入時の記事はこちらから。

「誰そ彼」のカッパープレート体が美しかったので、こちらのブログにも残しておきます。

「誰そ彼」×カリグラフィーのカッパープレート体

小文字「a to z」のカッパープレート体

ちょっと画像暗くて申し訳ありませんが^^;

ゼブラGペンでダイソーレポートパッドに書いたものです。

細い所は細く、太い部分も綺麗に色が出てくれました。

ちょっと拡大。

こんな感じの線で、色はピンクと青が混じっています。

紫っぽくも見えミステリアスっぽさも。

後半部。

ピンク~青の混ざりあう感じがたまらなく良いのです。

ラメのキラキラもあるんですよ。

美ですね、美。

「calligraphy」をカッパープレート体で

続きまして、
Calligraphy」という文字でも書いてみました。

上は、ガラスペンで書いたタイプライター系の文字。
下が、Gペンでのカッパープレート体。

こちらも綺麗に色が乗ってくれました。

ラメの煌めきが見えますでしょうか。

画像が暗いながらに、ちょいちょい光るものが見えるはず……!

ピンクのベースに青ラメ青顔料が混じるこの不思議。

▲繊細なラメがまた美しいのです。

幅のあるペンで書いた文字も良いですが、細い線も良いですね^^

最後に

「誰そ彼」は何を書いてもキレイ感のあるインクです。

色のデザインが苦手なわたしにも、相性がよくて助かります。

どの色を使ってグラデーション作ろうかなとか考えなくても、自動的に美しいグラデーションが決まる。

そういう意味でも画期的なインクです。

Gペンを使えばすぐにカリグラフィー書けますしね。

カリグラフィーのお供にもできます。

良い、良い、良い。

誰そ彼インク、機会がありましたら是非書いてみてください。

ありがとうございました。

ではではこのへんで。

ガラス工房LUC HP
https://nao-g.jimdofree.com/

BASE「誰そ彼」インク販売ページhttps://naog.thebase.in/items/34722298

【顔料粒子×ラメ】ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインク「誰そ彼」は光る青がすごい【インク見本@トモエリバー】「誰そ彼」インクの色見本です。ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインクはピンク~青のグラデーション。...
【紙の書き比べ】ガラス工房LUC×Tono&Limsのコラボインク「誰そ彼」を、[ダイソー高級筆記用紙][グラフィーロ][バンクペーパー][ヌルリフィル]に書いてみました。【ラメインク】紙によってインクの出方が違う面白さ。特にヌルリフィルは必見です...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事