イベント

【コミティア出展】サークル参加レポ:コミティア130に出展しました【11月24日(日)】

こんにちは。tillata(ちらた)です。

今日も、先月のイベント出展を振り返ります。
COMITIA130(コミティア130)です。
130というのは、130回目という意味です。

COMITIA(コミティア)とは?

まずは、コミティアとは何ぞやという簡単な説明からです。

コミティアとは、自主制作漫画誌展示即売会
略称コミティア。1984年11月18日より始まりました。プロ・アマを問わないマンガ描きたちが自主出版した本を発表・販売する展示即売会です。

2月、5月、8月、11月の年4回開催されています。

つまりは、オリジナルなら何でもオッケーだよというイベントです。

コミックだけかなと思いましたが、出展者はデザフェスとほぼ同じ感じ。雑貨やアクセサリーもあります。わたしが最初驚いたのは、ガラスペンが売られていることでした。それに衝撃を受けてわたしもきっと大丈夫と、カリグラフィーで出展した思い出があります。

コミティア130概要

130回目のコミティア。

11月24日(日曜日)
場所:東京ビッグサイト西ホール
時間:11:00~16:00

当日の行動

前日は23時就寝

3:00:起床
地方住みなので朝はいつも早いです。

9:20ころ
東京ビッグサイト着。
サークル参加者&一般参加者ともに集まっているので周辺にはたくさんの人。

サークルの方は中に入って設営の準備です。

11:00~一般参加者の入場

16:00閉幕

という感じです。

当日のわたしの配置は、1階。
【H58b】

入口すぐの場所でした。

サークルカット

↑これが今回のサークルカット。

「Cafe Calligraphy」という新刊を出しますよーというお知らせです。

ティアズマガジン130に実際に載った時の様子がこちら。↑

綺麗に印刷されております。

ちなみにお隣の「常日ロゴ」のナゴさんという方は、ライトノベルのデザインもされている方。

そして実際に出したわたしの新刊は、こんな感じになりましたよー。↓

【Cafe Calligraphy】

とても綺麗に印刷していただけで大満足の1冊になりました。

無事に新刊出せて本当によかったです。

設営の様子


当日のTwitterです。
こんな感じで出展。

https://twitter.com/tillatata/status/1196053598695645184

自分の作品を自分で手渡しできる幸せ。

一週間前のデザフェスと同じで直筆カリグラフィーもお渡しすることができました。

たくさんの温かい言葉をいただき、また次も描きたい!

といっぱいいっぱいパワーをもらえました。

ほかにもたくさんの作家さんが出展されていて、魅力的な作品があふれており、さらにさらに自分も頑張りたくなりました。

本当に本当に幸せな時間で、それはあっという間。

今年一番の思い出ですね。
2019年最後の出展でもありましたから、感慨深かったです。

↑これは、帰りに通りがかった新宿のデパートのショーウィンドウ。
素敵なクリスマスデコレーション。

幸せMAXなわたしは、こういうのも大好きなのでさらに心が楽しかったです。

まとめ

以上でレポート終わります。

・イベント出展できてよかった!
・新刊出せてよかった!


・また描きたい!

の流れはいつも同じで、これを繰り返すことで自分は成長していくんだなあと、毎度ながらに思いました。

イベントに出展することで期日ができ、新刊書くぞ出すぞと決めることで原稿の入稿期限が決まります。

締め切りがあることでわたしは頑張れるのです。

夏休みの宿題みたいな感じです。

作品誌は自由研究です。
インクとカリグラフィーの自由研究です。

皆様、今年も一年ありがとうございました。

また来年もぜひよろしくお願いいたします!

【サークル参加レポ】コミティア128、ありがとうございました! こんにちは。カリグラフィーと万年筆インクが大好きなtillata(ちらた)です。先日……2019年5月12日(日曜日)東京ビッグサイト...
【イベント出展】デザインフェスタVol.50に出展しました【11月17日(日)】 こんにちは。tillata(ちらた)です。12月もあと数週間。あと数週間で今年が終わります。ということで、今年のうちに今年を振り返って...
デザインフェスタVol.49 ありがとうございました。 こんにちは。カリグラフィー作家のtillata(ちらた)です。コミティア128に続き、翌週はデザインフェスタ49に参加してきました!先...
ABOUT ME
tillata(ちらた)
カリグラフィーと万年筆のインクが好きな人。 &インク沼。 カリグラフィーを始めたい方、初めての方、初心者の方向けにいろいろ発信していきたいと思います。
関連記事